川崎 産業 振興 会館。 セミナー・勉強会

交通アクセス

産業 会館 川崎 振興

本件に関する記事が日経メディカル、医薬通信社、がんプラスなど多数メディアに掲載されました。 この研究成果は「Biomaterials」に掲載されました。

8
「核酸医薬品の創出に向けた産官学の取り組み(第6回)」 実用化に向けた新たなポリマー系DDSの開発:産学連携に基づくベンチャー企業を軸とする取り組み Pharm Tech Japan• 自転車でお越しの方は駐輪場をご利用ください(25台程度、会館ご利用の方に限ります) 電車でお越しのお客様 東京駅からのアクセス JR東海道本線にてJR川崎駅(約17分) 品川駅からのアクセス JR東海道本線にてJR川崎駅(約9分) 飛行機でお越しのお客様 羽田空港からのアクセス 羽田空港国際線ターミナル駅より京浜急行線にて京急川崎駅(約15分) 成田空港からのアクセス 成田空港駅より成田エクスプレスにてJR品川駅へ(約70分) JR品川駅からJR東海道本線に乗り換えてJR川崎駅(約9分). 平成23年8月1日公益財団の設立登記がなされた。

ナノ医療イノベーションセンター

産業 会館 川崎 振興

・川崎市産業振興会館は駐車場がありません。 ・川崎市産業振興会館は駐車場がありません。

4
JAPAN ニュース:「「有効性95%」世界を驚愕させた欧米のmRNAワクチン なぜ日本のワクチン開発は周回遅れなのか」と題する iCONM 主幹研究員・位高啓史先生のインタビュー記事が掲載されました。

交通アクセス

産業 会館 川崎 振興

アクションリサーチ研究会 神奈川大学 経営学部 国際経営学科 准教授 行本 勢基 氏 アクションリサーチは、小集団による活動により課題を解明し、得られた知見から全体の改善へと繋げる実践的な研究です。

3
会館からのお知らせ• 喫煙する場合は、指定喫煙場所を利用してください。 〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎駅西口直結巨大ショッピングモール。

交通アクセス

産業 会館 川崎 振興

Daniel は、同誌のインタビューに応じ、投与した薬剤が末梢組織に蓄積せず、脳内に選択的に取り込まれる世界初の手法について説明しました。

6
会議室URLは参加者にのみ、前日までにお知らせいたします。 インナーコミュニケーションの活発化を目指したiCONM管理部・COINS事務局の合同企画という初の試みとなりました。

ホール・会議室のご案内

産業 会館 川崎 振興

公益財団法人川崎市産業振興財団の概要 川崎市産業振興財団の設立 昭和63年4月2日 川崎市産業振興会館の開館 昭和63年7月19日 かわさき新産業創造センターの開設 平成15年1月4日 ナノ医療イノベーションセンターの開設 平成27年4月1日 出捐金( 基本財産) 1億円(全額川崎市出捐) 職員数 94人(嘱託職員等を含む) 組織図 設立の趣旨 今日、産業界は、経済の国際化、情報化の進展、急速な技術革新等により、生産機能の国際的分散として「産業の空洞化」をもたらし、大きな転換期に置かれています。

このため産業振興財団は、川崎市産業振興会館の機能を活用し、地域産業情報の交流促進、研究開発機構の創設による技術の高度化と企業交流、研修会等による創造性豊かな人材の育成、展示事業による販路拡大等の事業を推進し、地域経済の活性化に寄与するものであります。

川崎市産業振興会館

産業 会館 川崎 振興

本セミナーの内容がメディアに掲載されました• 抗体医薬の脳内送達技術 低用量で認知症抑制 化学工業日報• 本件に関する記事が日経バイオテク、時事通信、薬事日報など多数メディアに掲載され、テレビ神奈川で放映されました。 昭和56年3月川崎市産業構造・雇用問題懇親会において企業情報交流施設等の建設を検討すべき提言がなされた。 昭和60年10月テクノピア特定街区内の住宅・都市整備公団所有地に産業振興会館を当該公団が建設し、完成後市に譲渡することの協議がなされた。

9
各部屋の図面等• ・川崎市産業振興会館、及び川崎駅周辺は全て禁煙です。 アルツハイマー型認知症、低用量の抗体医薬で抑制 iCONMなど成功 日刊工業新聞• 論文タイトル:• あなたの意見を聞かせてください。

財団概要

産業 会館 川崎 振興

また、川崎市内にとどまらず地域を越えた交流を促進し、広域企業間ネットワークの構築を目指します。 休館日のお知らせ ホール・展示場の抽選申込日が休館日の場合は、前日に抽選を行います。 演題:「ナノマシンが拓く革新的な脳神経系疾患治療」 講師:安楽泰孝 先生/東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 特任准教授• このため産業振興財団は、川崎市産業振興会館の機能を活用し、地域産業情報の交流促進、研究開発機構の創設による技術の高度化と企業交流、研修会等による創造性豊かな人材の育成、展示事業による販路拡大等の事業を推進し、地域経済の活性化に寄与するものであります。

11
本件に関する記事が多数メディアに掲載されました。 昭和62年11月財団の設立について神奈川県との折衝に入った。

財団概要

産業 会館 川崎 振興

(昭和63年4月) 設立の経過• このプレスリリースが、を受賞しました。 昭和60年3月産業振興会館の基本構想が作成され、会館に整備すべき機能と運営手法が打ち出され、機能については、「情報、技術、業務」の三つの柱を、運営については法人形態による第三セクター方式が選択された。 演題:生体内環境変化を認識する機能性高分子の開発と薬物送達への展開• 15です。

20
脳の薬物療法の進歩 アルツハイマー病に効果 高齢者住宅新聞• 昭和63年4月16日財団の設立登記がなされた。 完全合成材料の人工膵臓デバイス 東京医科歯科大・名大など開発 科学新聞• また、消費の高度化、個性化及び消費階層の多様化は、需要構造の変化を余儀なくさせました。