朗々 意味。 コンテナ船にはRORO船(ローロー船)とLOLO船(ロ・ロ船)がある!

読経の意味とは?読経とは何か、解説いたします|終活ねっと

意味 朗々

ヱイがそう言ったのも、きちんと覚えている。 その声は低かったが朗々と響いた。

… 多島斗志之『追憶列車』 より引用• 行列の周囲を高く低く鬼火が飛ぶ。

朗々の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

意味 朗々

貿易事務の方にも意外に知られていないコンテナ船の種類や用途、利用される場所などの違いについて、詳しく取り上げてご紹介します。 … 桜庭一樹『GOSICK 第2巻』 より引用• 読誦(どくじゅ) 読誦とは、経文を見ながらお経を唱えることをいいます。 この楽人はよんどころなく求婚者どもの宴のおりに、歌わねばならない仕儀になっていたのである。

口垂は獣のように吠え、内彦に槍を振り廻しながら羽女を一瞥した。 それ自体に読み(音や訓)はなく、同じ漢字を繰り返すときに使う「符号」です。

【朗々と響く】の例文集・使い方辞典

意味 朗々

… イネス/皆藤幸蔵訳『銀塊の海』 より引用• … 平岩弓枝『鏨師』 より引用• 聖なる動物、かつて山民たちの深い尊崇を集めた神の使いは、小高い岩頭の上にいた。

1
百名近くの人間が、この集会場に一堂に会し、よどみなく、のびやかに、朗々と歌っていたのだ。 。

【朗々と響く】の例文集・使い方辞典

意味 朗々

朗々 ろうろうと歌っていると、ヴィクトリカがかすかに笑ったような気配がした。

10
少年の声は朗々と響いた。

コンテナ船にはRORO船(ローロー船)とLOLO船(ロ・ロ船)がある!

意味 朗々

夜のかんばしい空気を通し、美音朗々たる追分節が、宿の方まで流れて行った。

それに、「朗朗」でも、変換で出てくることは出てきますから うちの変換はATOK2007です 間違いではないでしょうが、読む方としては「朗々」のほうがすっきりして読みやすいですよ。

ろうろう【朗々】の例文集・使い方辞典

意味 朗々

ヴォードヴィル時代に鍛え上げられたダンスと歌声を披露しているくらいである。 樹明、百円札で山頭火をおどす! これは昨日の出来事であつた、近来にない明々朗々たる珍現象であつた! Y屋のMさんが例の如くやつてきて話す、郵便物を托送する。

15
… 平井和正『狼の紋章』 より引用• 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 05』 より引用• … ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』 より引用• 朗々たる男声で歌ふが如く 朗々と読み 朗々として吟ずべき 朗々たるものではあるが 朗々と鳴りだしました 朗々たる音声で鳴門舞を舞いだした 朗々たる謡声も聞きませぬ 朗々と読んだ 朗々と祈祷をとなえる 朗々と聞えた 朗々たる説教をち 朗々として誦すべき 朗々たる節をつけて読みあげた 朗々たる長唄を吟じた 朗々とした 朗々と続けて行った 朗々と歌を唄ったので 朗々と詠誦いたした 朗々としか聞えんが 朗々と其等の文章が読み上げられた 朗々としない 朗々と響く 朗々と吟じたりした 朗々と経をあげた 朗々と読み始めた 朗々と太平記を口ずさむ 朗々と吟じ出した 朗々とたなびいて 朗々と勧進帳をよみ上げる 朗々として外に響きます 朗々たる音吐になっておりました 朗々と唄う 朗々として起る 朗々として恰も混沌の無何有から山を越えて鳴り響く 朗々と読み立てているにはいる 朗々と文章を読み上げている 朗々として読み上げて来た 朗々と誦し来って 朗々として政治を併呑しなければならない 朗々と大きな声で面白いような抑揚をつけて読んだが 朗々とこう詠んで 朗々として得意の吟声を試み出でようとしました 朗々とやり出すかと思えば 朗々と謡いながら舞い 朗々と響くなり 朗々と易経を唸りながら 朗々たる魂の中ではすべてが音響に変化した 朗々と吟誦する 朗々たる音吐を以て演出せられて 朗々と底力のある 朗々と読まれる 朗々と音を挙げている 朗々と失する 朗々と繰り返した 朗々とは響きませんでした 朗々たる音声であらうよ 朗々な澄んだ 朗々と読経すれば 朗々として迫らない 朗々と付け加えられた 朗々と読んで居る 朗々としてわれわれの耳朶を打ちます 朗々とうたいながら 朗々と謡いながら 朗々として続いてゆく 朗々と朗読する 朗々と吟誦された 朗々たる詩吟の声が流れた 朗々と明けた 木村は朗々 漢文は朗々として 音は朗々 堀内氏は朗々と 殿の朗々 博士が朗々と 死にいたるまで朗々と 音吐も朗々と 下で朗々 一列に朗々として 男は朗々 声で朗々と 声を発して朗々と 私なんぞにゃ朗々としか 総てに朗々と 耳に朗々と 台座に坐って朗々と 頁を朗々と 遥かに朗々 音声は朗々と 調子で朗々と 光明真言の唱えのみが朗々として 響きが朗々として 勅語は朗々として 田山白雲は朗々 ここまで朗々と 観世太夫が朗々として 人は朗々と 仁田さんは朗々と 自身で朗々と 男性を思わせるくらいの朗々 中で朗々と 彼の朗々 神気を以て朗々と 声だけは朗々と お寺へ来て朗々と 空に朗々と 符号を朗々と ように朗々とは 何といふ朗々 一隊が朗々と リフレインが朗々と 声高らかに朗々と 目ざめには朗々と 味いを増しつつ朗々と. もしこれがいつもだったならば、彼女は身も世もない思いをしたことだろう。 指揮者に姿を変えてスパイクに面と向った彼は、『セビリアの理髪師』第一楽章「町の何でも屋」を朗々と歌うスパイクに、指揮棒代わりの魔術の棒で魔法をかけ、その衣装にウサギや植木鉢を出現させる。

『「ろうろう」を漢字で書け』と言われたら、「朗々」より「朗朗」ですよね??

意味 朗々

… 山口洋子『演歌の虫』 より引用• しかし国内では、主要貿易港から各地の小さな港へと就航する定期船(内航海運)は現役で走っています。

12
… 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』 より引用• 朗々たるバリトンで、できるかぎり優しく歌っているという感じだった。