デロリアン タイム マシン。 600万円で落札!! タイムマシンとして有名なデロリアンとは?

【映画やTVで活躍したマシン】バック・トゥ・ザ・フューチャーのタイムマシン「デロリアン」

マシン デロリアン タイム

この特性のため、マーティとドクは三部作のほぼ全てにおいて窮地に陥っている。 ミッションは5速MTも用意されていたが、このクルマは3速ATを搭載。 21ジゴワットの電流が次元転移装置に流れて作動。

14
プルトニウムのを差し込むと、を起こし、1. 公道走行ももちろん可能。 文字通り8人乗りになった大型バージョン。

600万円で落札!! タイムマシンとして有名なデロリアンとは?

マシン デロリアン タイム

デロリアンを加速させ、時速88 (約141 )の速度で走行または飛行しているとき、次元転移装置へ1. 最終的に8,583台が製造されたと見られているが、500台が調整用として確保されたため実質8,083台と思われる。

3
これをミッドシップではなく、RRにレイアウトしているのも大きな特徴。 当然ながら、バックトゥザフューチャーのようなタイム回路はついていないが、運転席と助手席の間にラジオと空調のボタンが配置されており、そのボタンのデザインが昔オカンが所持していたミニカに似ている。

【デロリアン】バックトゥザフューチャーに登場する車を紹介!夢のタイムマシンの値段は?

マシン デロリアン タイム

映画の公開前特番で、主人公マーティに扮したマイケル・J・フォックスは、デロリアンと映画『』に登場したタイムマシンを並べ「今時のタイムマシン」と紹介した。 21ジゴワットの電流を流すことにより、タイムサーキットに設定された日付と時刻へタイムトラベルを行う。 2014年7月10日閲覧。

19
2年足らずで生産終了。 意外と生涯が短かったデロリアン! タイムトラベル用のエネルギー源は核燃料 で、タイムマシンに改造した ドク はこれを北アフリカの過激派からだまし取って入手していた。

デロリアン大解剖

マシン デロリアン タイム

この頃はスターターの調子が悪く、エンジンがかからないことがよくあった。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 1985年 第1作目『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でのデロリアンの主なシーンは2つ。

18
その生産台数はたったの8,583台と言われている。 しかも改造と言っても車オタクのそれとは違い、ヘンテコな機械をDMC-12にガチャガチャと剥き出しに貼り付けたような改造を施しており、どう考えても車検を通すことが出来ない誰が見ても一発アウトな雰囲気を醸し出す改造だ。

デロリアンDMC

マシン デロリアン タイム

おわかりいただけただろうか! ドクことエメット・ブラウン博士は街に住み着く変なおじさんだったのだ! BttFという映画の観客にはドクという人物がマーティの相棒であり、タイムマシンをつくった天才発明家として映っているかもしれないが、ヒルバレーの住人にとってはれっきとした変人なのだ! ストリックランド先生もマーティに「あの男と関わると危険だ!」と注意していたよね! ていうか、PART2の改変された1985年では精神病院に入れられてしまっているしね! 劇中のコミカルで優しくて頭のキレるドクを知っていると見失いがちだけど、あの人って結構危ない存在だったんだね。 1885年ではガソリンの入手が不可能だったため、度数の高い酒で代用を試みるが、燃料噴射装置(と )が故障し、デロリアンは自走不能になる。

16
詳細なスペックは以下の通り。

デロリアンDMC

マシン デロリアン タイム

1885年での改造後 [編集 ] を走らせるための車輪が取り付けられたデロリアン。 USJにもデロリアンがあった 現在、USJでミニオンパークがある場所には、以前バックトゥザフューチャーをテーマとしたアトラクションがありました。 制御がタイムサーキット同様、マイクロチップによる制御と思われる。

20
一回のみの使用だが、瞬間的にタイムトラベルできる機能を持っていたようである。

デロリアン

マシン デロリアン タイム

ドクの発言によれば、DMC-12 が改造のベースに選ばれたのは「ボディーがタイムマシンにとって好都合」なことと「見た目のかっこ良さ」が理由だったようである。 シリーズ外のデロリアン 『』のデロリアン 外見はpart1とほぼ同じだだが、ナンバープレートが「PARZIVAL」である他にもpart2の飛行機能がある。 もはや歴史的一品。

7
なお車高やが高いのは、当時の法的基準におけるの高さを満たすためと、の道路事情を配慮した実用性確保のためである。

600万円で落札!! タイムマシンとして有名なデロリアンとは?

マシン デロリアン タイム

見た目はあんなにクールでかっこいいのに、「高い!もろい!イメージ悪い!」の三拍子揃ったデロリアンDMC-12はエメット・ブラウン博士が作るタイムマシンの車体としてはうってつけだった! なぜ、1985年のエメット・ブラウン博士が高級車のDMC-12を手に入れることが出来たのだろうか!なんて疑問もドクというキャラクターにかかれば簡単に解決してしまう。

真正面からの見た目はpart2以前と酷似しているが、後部はコード類があること以外は普通のデロリアンとなっている。