モネ と マティス。 モネとマティス―もうひとつの楽園

モネとマティス

マティス モネ と

また、ポーラ美術館が収蔵する油彩画《リュート》と、それをもとに制作された2点のタペストリー作品のすべてが一堂に会する世界初の機会となります。 モネは19世紀末、近代化するパリを離れ、ジヴェルニーに終の住処を構えます。

アトリエの中に自分の理想とする空間をつくり それをさらに絵にすることで「楽園」を作りあげたマティスは 癌を患って体力がなくなった晩年、 サーカスの光景や神話の一場面を描いた《ジャズ》(1947)のシリーズのように 絵筆の代わりにはさみを使った切り絵を制作します。 モネの作品は画業の初期から晩年までを展示し、「睡蓮」の連作は7点出品。

モネとマティス―もうひとつの楽園

マティス モネ と

<臨時休館のお知らせ> 作品展示作業のため、9月1日 火 ~9月3日 木 まで臨時休館いたします。

2
著書に「モネ《睡蓮》への歩み」(六耀社、2001年)、監訳にヴィヴィアン・ラッセル『モネの庭 花々が語るジヴェルニーの四季』(西村書店、2005年)など。 モネはおそらくマネの紹介で、アルジャントゥイユに家を借りたと言われています。

ポーラ美術館「モネとマティス ーもうひとつの楽園」展、海外借用作品を追加展示開始

マティス モネ と

気に入ったものを幾つかあげていくと。 同じ裸婦の関連としてルのが展示されている。 また最晩年には1947年から51年にかけて、戦果で破壊された 聖ドミニコ修道会のロザリオ礼拝堂の再建を引き受け、 内部装飾まですべて手掛けた美しい空間を作りだしました。

本作品では、エトルタのカジノのテラスから見た、夕陽の残照に赤く染まる水平線近くに垂れこめた雲と空、そしてアヴァルの門の前景の浜辺に3艘の舟を配し、日の終わりの一瞬の風景の輝きと静けさを描きとめています。

Monet and Matisse: Visions of the Ideal

マティス モネ と

こうした一連の作品は、モネの装飾性に対する高い関心を示していると言えるでしょう。 人々は相次ぐ戦争やスペイン風邪などの疫病にさいなまれ、「ここではないどこか」にあるものを求め続けた。 また、同館の印象派コレクションを追加展示。

まあこれは完全に個人の感想だけど。

ポーラ美術館「モネとマティス ―もうひとつの楽園」展 コロナ対策徹底: J

マティス モネ と

本展覧会では、ふたりの芸術家がいかにして「楽園」を創り上げ、作品へと昇華させていったのかを検証します。 これね。

印象派から20世紀にかけての西洋絵画を中心としたコレクションを核とする展覧会を開催する一方で、同時代の表現も積極的に紹介するなど、さまざまな取り組みを行っている。

「 モネとマティス―もうひとつの楽園 」展

マティス モネ と

それぞれの製作現場、モネの庭との室内という視点から作品を展示している。 ヨットやボートが浮かぶ河の水面は穏やかですが、流れる雲の動きは、微妙に異なる諧調の灰色とすばやい筆致によっていきいきととらえられています。

王侯貴族に代わって資本家が社会の担い手になったことで 美術も従来の宗教や理念を形にしてあらわすものではなく、 ただ美しく慰安となるものが求められるようになりました。