めど もくと。 「目途」は「めど」か「もくと」か

目途(もくと)の意味・読み方・目処との違いとその正しい使い方

もくと めど

そして2つ目は、「 読み方の違い」です。

11
だったら、批判や反対意見が出るのは織り込み済みですからね、 堂々と続けたらいいじゃないですか。 「めどころ」説の場合は「目処」が正しいような気がしますが、他の2つの説の場合はどちらの漢字も当て字になりますね。

「目途」は何と読みますか?

もくと めど

【目処の使い方】• 「半年以内の完成を目途にしている」「ようやく予算の目途が立った」のように使われます。 一般人に比べて公務員の方が偉いですから。 「目」は「めじるしとなるもの、しるしとなるもの」を意味します。

17
ただ三つのうち「目度」は、文学作品の中などでわずかに用例がみられますが、あまり頻度は高くありません。 すでに説明した通り、どちらの言葉も 一応は「めど」と読めるということでしたね。

目処(めど)と目途(もくと)

もくと めど

ただし、「目途」の方は 厳密には「もくと」と読みます。 「目処・目途・目度」の 意味と正しい使い方、そしてそれぞれの違いや使い分け方について詳しくご紹介しました。 また、例文2では、工事が来年に完成するだろうことを予測しています。

9
「目処が立っています」の意味 会議資料などで「目処が立っています」と使うと、それは具体的な方法はまだ考えていませんが、目標はわかっています、というような意味合いになってしまいます。 なんとなく、そこが目標であるとわかっていて、なんとなく、そこまで至ることが出来るような気がしている、というような意味の言葉です。

目途 と 目処 意味はほぼ同じですか。 目途って 「もくと」と発音しますか。それとも「めど」と発音しますか。

もくと めど

「目処」、「目途」、「目度」はこのように、それぞれの言葉に意味の違いはなく、ほぼ等しく使用されるといえます。 「めど」の元々の漢字は「蓍」という難しい漢字を書いた。 見込み。

11
「めど」は「目標」という類語と意味が似ています。 「 medo 」 to 「 mokuto medo 」 ha mattaku onaji ni tsukae masu. 「目処」の方が元から存在した漢字です。

「目途」は何と読みますか?

もくと めど

これはマメ科の小低木の多年草ですが、その古名が「めど」だったということです。

19
「目処・目途・目度」の正しい使い方は? 次に 「目処・目途・目度」の正しい使い方について見ていきましょう。 しかし、「めど」の語釈中に「もくと」を掲げているものは見当らない。

目処と目途の違い・意味の違い・どっちを使うべきか使い分け方法

もくと めど

「目途」を使った例文• 近くに、普通の会話で「もくと」と言う人がいたら、間違いではないのは確認した今でも、笑うと思います。 「もくと」のつもりの新聞の「目途」は、実際には「めど」と読まれることが多そうです。 いずれにせよ、 「目処」、「目途」、「目度」という言葉は、いずれも 「目指すところ」、「目当て」、「ものごとの見通し」といった共通の意味を持ちます。

6
スポンサーリンク 「目処」、「目途」、「目度」は前述のように「~がたつ、つく」といった定型的な言い方で用いるほか、「めどはいつごろですか」といった名詞としての独立的な使い方もあります。 「目」は音読みで「モク・ボク」、訓読みで「め・ま・さかん」と読みます。