平成 三 十 二 年。 ・介護保険法第五十一条の三第二項第二号に規定する居住費の負担限度額及び同法第六十一条の三第二項第二号に規定する滞在費の負担限度額(◆平成17年09月07日厚生労働省告示第414号)

達示(平成16年度)

十 年 二 三 平成

01 施行• 平成十七年二月二十八日 京都大学総長 達示第百四十四号 達示第百四十五号 本学一般 京都大学学位規程の一部を改正する規程を次のように定める。 2 この法律において「発達障害者」とは、発達障害がある者であって発達障害及び社会的障壁により日常生活又は社会生活に制限を受けるものをいい、「発達障害児」とは、発達障害者のうち十八歳未満のものをいう。 (平成二十六年法律第六十九号)• 30 施行• 公職選挙法及び最高裁判所裁判官国民審査法の一部を改正する法律• 地方交付税法等の一部を改正する法律• (平成二十六年法律第三十四号)• (平成二十九年法律第六十一号)• 15 施行• (平成二十七年政令第三百二十三号)• 五 前各号に掲げる業務に附帯する業務 2 前項の規定による指定は、当該指定を受けようとする者の申請により行う。

11
H25. (権利利益の擁護) 第十二条 国及び地方公共団体は、発達障害者が、その発達障害のために差別され、並びにいじめ及び虐待を受けること、消費生活における被害を受けること等権利利益を害されることがないようにするため、その差別の解消、いじめの防止等及び虐待の防止等のための対策を推進すること、成年後見制度が適切に行われ又は広く利用されるようにすることその他の発達障害者の権利利益の擁護のために必要な支援を行うものとする。

介護保険法施行令

十 年 二 三 平成

ハ 施行規則第八十三条の五第三号に掲げる者 ユニット型個室 一日につき八百二十円 ユニット型個室的多床室 一日につき四百九十円 従来型個室 特養等 一日につき三百二十円 従来型個室 老健・療養等 一日につき四百九十円 多床室 特養等 一日につき零円 多床室 老健・療養等 一日につき零円. 01 施行• 主たる開所時間である十一時間以外の時間帯については、常時二人 保育されている乳幼児の数が一人である時間帯にあっては、一人 以上であること。 2 国及び地方公共団体は、基本理念にのっとり、発達障害児に対し、発達障害の症状の発現後できるだけ早期に、その者の状況に応じて適切に、就学前の発達支援、学校における発達支援その他の発達支援が行われるとともに、発達障害者に対する就労、地域における生活等に関する支援及び発達障害者の家族その他の関係者に対する支援が行われるよう、必要な措置を講じるものとする。 (平成二十四年法律第九十六号)• H28. (平成二十四年法律第百二号)• 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律• 附則 (平成二〇年一二月二六日法律第九六号) 抄 (施行期日) 第一条 この法律は、平成二十一年四月一日から施行する。

6
(平成二十九年法律第五十四号)• 以下同じ。

会社法

十 年 二 三 平成

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律• 以下同じ。

3 当該特定介護サービス又は特定介護予防サービスを受ける日の属する年の前年の厚生労働大臣が定める年金の収入金額の総額 ロ 施行規則第八十三条の五第二号に掲げる者であって、当該者の居住費等の負担限度額がこの項の下欄に掲げる額であったとすれば保護を必要としない状態となるもの 一の項ロに掲げる者を除く。 以下この項において同じ。

・発達障害者支援法(◆平成16年12月10日法律第167号)

十 年 二 三 平成

情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律• )、社会福祉協議会、教育委員会その他の関係機関及び民間団体相互の連携を確保しつつ、個々の発達障害者の特性に応じた適切な就労の機会の確保、就労の定着のための支援その他の必要な支援に努めなければならない。 H28. 01 施行• 01 施行• 二 第三条の規定(次号に掲げる改正規定を除く。 がん登録等の推進に関する法律• の立入調査を受け、次に掲げる施設の区分に応じ、それぞれ次に定める要件を満たし、当該満たしていることにつき都道府県知事等から証明書の交付を受けているもの 当該都道府県知事等から当該証明書を返還することを求められた場合の当該施設を除く。

10
健康保険法施行令等の一部を改正する政令• H30. 01 施行• 2 大学及び高等専門学校は、個々の発達障害者の特性に応じ、適切な教育上の配慮をするものとする。 01 施行• (平成二十九年法律第三十一号)• R01. (平成三十年法律第四十九号)• 01 施行• 01 施行• H27. 災害救助法の一部を改正する法律• 01 施行• 国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等、外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律等の一部を改正する法律• (平成三十年法律第七十号)• H30. H24. 四 発達障害に関して、医療、保健、福祉、教育、労働等に関する業務を行う関係機関及び民間団体との連絡調整を行うこと。

地方自治法

十 年 二 三 平成

第三章 発達障害者支援センター等 (発達障害者支援センター等) 第十四条 都道府県知事は、次に掲げる業務を、社会福祉法人その他の政令で定める法人であって当該業務を適正かつ確実に行うことができると認めて指定した者(以下「発達障害者支援センター」という。 01 施行• (発達障害者支援地域協議会) 第十九条の二 都道府県は、発達障害者の支援の体制の整備を図るため、発達障害者及びその家族、学識経験者その他の関係者並びに医療、保健、福祉、教育、労働等に関する業務を行う関係機関及び民間団体並びにこれに従事する者(次項において「関係者等」という。 4 発達障害者の支援等の施策が講じられるに当たっては、発達障害者及び発達障害児の保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。

(平成三十年法律第七号)• 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律• (基本理念) 第二条の二 発達障害者の支援は、全ての発達障害者が社会参加の機会が確保されること及びどこで誰と生活するかについての選択の機会が確保され、地域社会において他の人々と共生することを妨げられないことを旨として、行われなければならない。 不動産特定共同事業法の一部を改正する法律• 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律• 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律• 01 施行• (国民に対する普及及び啓発) 第二十一条 国及び地方公共団体は、個々の発達障害の特性その他発達障害に関する国民の理解を深めるため、学校、地域、家庭、職域その他の様々な場を通じて、必要な広報その他の啓発活動を行うものとする。

・介護保険法第五十一条の三第二項第二号に規定する居住費の負担限度額及び同法第六十一条の三第二項第二号に規定する滞在費の負担限度額(◆平成17年09月07日厚生労働省告示第414号)

十 年 二 三 平成

H28. 26 施行• 30 施行• 01 施行• (平成三十年法律第四十四号)• 01 施行• 第四章 補則 (民間団体への支援) 第二十条 国及び地方公共団体は、発達障害者を支援するために行う民間団体の活動の活性化を図るよう配慮するものとする。 22 施行• H26. 01 施行• 道路運送車両法及び自動車検査独立行政法人法の一部を改正する法律• (平成二十六年法律第百十五号)• 2 都道府県及び市町村は、必要に応じ、発達障害者が就労のための準備を適切に行えるようにするための支援が学校において行われるよう必要な措置を講じるものとする。 (平成二十七年法律第四十四号)• )及び附則第八条の規定 平成二十四年四月一日 附則 (平成二四年八月二二日法律第六七号) 抄 この法律は、子ども・子育て支援法の施行の日から施行する。

12
(平成二十八年法律第八号)• (平成二十五年法律第百十一号)• R01. 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う厚生労働省関係政令等の整備に関する政令• 施行日降順• (定義) 第二条 この法律において「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう。 H30. ただし、特定介護サービスを受ける日の属する月が平成二十七年七月である介護保険法施行規則 平成十一年厚生省令第三十六号 第八十三条の五第一号に掲げる者又は特定介護予防サービスを受ける日の属する月が平成二十七年七月である同令第九十七条の三第一号に掲げる者に係るこの告示の適用については、表の二の項中「一月から六月まで」とあるのは、「一月から七月まで」とする。

平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法

十 年 二 三 平成

H30. 以下同じ。 環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律• 所得税法等の一部を改正する法律• (秘密保持義務) 第十五条 発達障害者支援センターの役員若しくは職員又はこれらの職にあった者は、職務上知ることのできた個人の秘密を漏らしてはならない。 H28. について、乳児おおむね三人につき一人以上、満一歳以上満三歳に満たない幼児おおむね六人につき一人以上、満三歳以上満四歳に満たない幼児おおむね二十人につき一人以上、満四歳以上の幼児おおむね三十人につき一人以上、かつ、施設一につき二人以上であること。

5
H28. 内閣の重要政策に関する総合調整等に関する機能の強化のための国家行政組織法等の一部を改正する法律• (平成三十年法律第四十六号)• (平成二十四年法律第六十三号)• (令和元年法律第二十六号)• 3 都道府県は、第一項に規定する業務を発達障害者支援センターに行わせ、又は自ら行うに当たっては、地域の実情を踏まえつつ、発達障害者及びその家族その他の関係者が可能な限りその身近な場所において必要な支援を受けられるよう適切な配慮をするものとする。 20 施行• がん登録等の推進に関する法律施行令• (令和二年法律第六十一号)• H30. (平成三十年政令第五十五号)• (平成三十年法律第六十八号)• この場合においては、この法律中都道府県に関する規定は、指定都市に関する規定として指定都市に適用があるものとする。