ロケッツ 対 サンズ。 1994

ヒューストン・ロケッツ

対 サンズ ロケッツ

今のロケッツみたいに、レギュラーシーズンでそこそこ勝てるチーム作りでは、いつまで経っても優勝出来るチームは作れないと思う。

そしてとの対戦となったファイナルも4勝2敗で見事にウォリアーズを40年振りのチャンピオンに導いた。

ロケッツがサンズに勝利もマイク・ダントーニHCはチームの姿勢に苦言「集中できていない」

対 サンズ ロケッツ

コーチ [ ] 2014-15シーズン 2014年5月14日、カーはのオファーを断り、と5年2500万ドル契約でヘッドコーチに就任が決定した。

6
この2年間はチーム史上の黄金時代である。

ケリー・ウーãƒ

対 サンズ ロケッツ

こうなると流れが変わるのが今日の展開。 : 2014-• ブルックスのドライブからスコラーへナイスパスが渡って12-0のランに(17-21)。

1
NBA All-Defensive Second Team:• アウェイ戦になりますね。 今のサンズはNBA最弱かもしれない。

ロケッツがアンダーソンをサンズにトレード サンズはナイトら2選手を放出― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

対 サンズ ロケッツ

第4Qに入り、まずサンズがフリースローで同点に追いつく(86-86)、しかしバディンガーのスコアーとランドリーのミドルでロケッツが3点リードした(90-87)。 256 36 セントラル・デビジョン Team W L PCT. 下馬評では有利と言われたを4勝0敗で破り、2年連続の優勝を果たした。

なお、ヘッドコーチのはこのシーズン中にの持つコーチ最多勝記録を更新した。 終盤のナッシュに対するロワリーのプレッシャーが良かった。

NBA

対 サンズ ロケッツ

ベンチからマリオ・エリー(元ロケッツほか)とチャッキー・ブラウン(元キャブスほか)が共に15得点をマークし、連覇への夢をつなげた。

15
:1994-1998 C• 大谷も接戦になって満足したんじゃないかな(笑)」 シンキ「笑 やりましたね。 キャブスで3年間を過ごした後、へトレードされた。

NBA

対 サンズ ロケッツ

(1984-95) でから全体2位の好評価を受けるも膝の故障で全く活躍できず。

11
注目のセンター対決はオラジュワンが31得点6リバウンド7アシスト、シャックが26得点19リバウンド9アシスト7ターンオーバーだった。 : 2018- コーチ、その他 [ ] 歴代ヘッドコーチ [ ]• ピッペンはシーズン後にチームを離れ、バークレーはに引退、翌年オラジュワンもトレードされた。

ロケッツがアンダーソンをサンズにトレード サンズはナイトら2選手を放出― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

対 サンズ ロケッツ

勝敗を抜きにして楽しみたいよ。 結局レギュラーシーズンは67勝15敗で終了、新人ヘッドコーチとしては最高勝率を記録しまで導いた。 アマレのフリースロー2本ミス、ナッシュのパスミスなどもあり、連続3得点で一気に4点差に詰め寄る(108-112)。

」 シンキ「今季はまだ残ってますが、どのような戦い方をしていくんですかね?」 キャット「プレイオフ進出を目指すんでしょ。

ジェームズ・ハーデンが47得点、ロケッツがサンズを下して3連勝

対 サンズ ロケッツ

率いるヒューストン・ロケッツは、フランチャイズ史上トップとなる65勝17敗を挙げ、優勝候補の一角としてプレーオフに臨んでいる。 サンズはこのシーズン、208センチのオールラウンダー、ダニー・マニング(元ロサンゼルス・クリッパーズほか)を獲得し、戦力増強に成功したものの、シーズン絶望となるケガのため戦線離脱していた。 G - ゲイリー・ペイトン, シアトル・スーパーソニックス• カンファレンス決勝で待っていたのはリーグ最高勝率を記録しただった。

17
マジックはハーダウェイが26得点、アンダーソンが22得点11リバウンド、ホーレス・グラントが15得点16リバウンドを記録した。 コンテスト優勝 : 1997• :1976-1978、1989-1990• :2012-2014• またを再獲得してディフェンスを強化。