昔 の 道具 調べ。 「昔の道具」博物館

昔の学校

道具 昔 調べ の

また、上下左右どの方向にも動かしても蝋燭が直立状態に維持されて火が消えない「がんどう」なども使用されました。 「ファスナー」と言うようです。 その基準が全て「今時かどうか」ではないと思います。

18
最初は麦を脱穀するための竹製の歯でしたが、やがて鉄の扱き歯に改良され、稲の脱穀用として普及しました。 僅か百年ほど前までの農村の家々には囲炉裏があり、これ一つで暖を取り、炊事をし、土間での夜なべ仕事をするなど、炊事と暖房と照明の三つの機能が一体化した囲炉裏中心の暮らしがなされていました。

昔の学校

道具 昔 調べ の

加工しやすくていろいろな物に使われましたが、燃えやすいので使われなくなりました。 その代表格が「アスリート」。 版を作ればたくさんの枚数を印刷できました。

行火(あんか)は一人用で、持ち動かせる暖房器具の一つです。 めんぱ(曲げわっぱ) 使用年代 江戸~昭和初期 (70年ぐらい前まで) 使い方 お櫃と同じように、木がご飯の湯気を吸いとってくれるので、よく使われました。

モノの名前 の今と昔を比較しよう

道具 昔 調べ の

今ととてもにていました。

20
懐中電灯。

洗濯機

道具 昔 調べ の

しかし話し始めてすぐ、孫にこう言われたそうです。

昔の学校 ランドセル 使用年代 明治~現在 (約120年前~) 使い方 最初は軍隊で使われましたが、明治30年頃に今のような形になりました。

昔の生活道具

道具 昔 調べ の

今は? 水道 氷冷蔵庫(コオリレイゾウコ) 使用年代 大正~昭和30年代 (60年ぐらい前まで) 使い方 氷を入れて冷やしますが、保温に近く、あまり冷たくはなりません。 仏壇用の燭台もあります。 大きな水鉄ぽうのようなかんじです。

1から0まで戻る時間が番号で、1つずつ回してかけていました。 今なら電気を使うけど昔は、電気を使わないところがちがいです 昔のなのに使えそうでした。

昔の生活道具

道具 昔 調べ の

アルマイト弁当箱(ベントウバコ) 使用年代 昭和 (40年ぐらい前まで) 使い方 アルミの弁当箱だと、梅干し(酸)に負けて穴があいてしまいます。 はかり 今では、重量計です。 和ろうそくは高価で、日常は使えなかったのでこの秉燭がよく使われました。

4
そしておひつにご飯にうつしていたそうです。 名前 使い方 写真 調べられるところ (リンク) 洗濯板とたらい (せんたくいたとたらい) 左手で洗濯物をおさえ、右手で洗いたい部分をつかんで、ごしごしこすります。