駆逐 艦 時雨。 白露型駆逐艦「時雨」

時雨

時雨 駆逐 艦

戦史叢書第96巻 南東方面海軍作戦<3>ガ島撤収後、132ページ• もちろん、時雨にも実装されたのだが…… 「この季節は……ううん。 324-326頁• 25頁『第三次ソロモン海戦 '42-11-14 第一図 突入隊形』• とがする初めてのとなった。 時雨は魚雷艇PT152に主砲弾1発を命中させ、襲撃を撃退した。

『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報 1 』。

時雨の詳細・評価・オススメ装備

時雨 駆逐 艦

あのレイテ沖海戦では、西村艦隊に所属して、運命のスリガオ海峡に突入したんだ。 C05035374100。 時雨は艦底を魚雷が通過し被雷は免れたが、僚艦を見失った。

今日は、部屋にいよう。

時雨 (初代神風型駆逐艦)とは

時雨 駆逐 艦

Ref. 10月中旬、第四水雷戦隊はガダルカナル島に対する日本陸軍総攻撃に呼応して、ガ島ルンガ泊地突入を命じられる。

18
我々が思う以上に、時雨にとってスリガオ海峡の夜は 心胆を奪うほどのトラウマだったらしい。 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報 1 』。

時雨 (白露型駆逐艦)

時雨 駆逐 艦

旗ざおは、0.3mmと0.2mm真鍮線製です。 ソロモン海の戦い [ ] 「」も参照 23日、有明と共にトラックを出発、25日にラバウルに着いた。

トラック泊地に向かう途中の13日、爆雷12個を投下した。 当時二水戦首席参謀・海軍中佐遠山安巳『艦齢十八年「神通」スラバヤ沖の突撃行 司令官坐乗の第二水雷戦隊旗艦が実力発揮した昼夜にわたる雷撃戦』• 5月上旬には(豪北方面増援輸送作戦)に従事する。

五月雨 (駆逐艦)

時雨 駆逐 艦

瀬尾昇 少佐:1941年9月1日 -• 戦史研究家伊達久『航跡でたどる軽巡二十五隻の栄光と悲惨』• 5kmに位置した。

C08030116000。

時雨(艦これ)とは (シグレとは) [単語記事]

時雨 駆逐 艦

289頁『マノクワリ沖対空戦闘図』• 198-199頁• 戦艦、第十六戦隊(青葉、鬼怒)、第五戦隊(、)等が参加した第一次渾作戦はアメリカ軍機動部隊出現の誤報により作戦中止。 ・『機動部隊』朝日ソノラマ〈新装版戦記文庫〉、1992年12月(原著1951年)。

15
330-332頁• 8『27dg 白露欠 ハ前月下旬引続キKdBニ編入前月31日1sf大淀最上直衛トナリ横須賀発内海西部ニ向ヒツツアリシガ引続キ1sf基地物件ノ輸送ニ任ジ2日0130 27dg 時雨、夕暮 ハ鹿児島ニ有明ハ0100古江ニ夫々入港右物件揚陸後佐世保ニ回航1500佐世保着同地ニ於テ艦橋前機銃増備其ノ他船体旗艦兵器整備ニ任ジタル後6日佐世保発8日横須賀着…』p. Ref. 提督、呼んだ? 僕に興味があるの? いいよ、なんでも聞いてよ。 戦場離脱中の2駆(五月雨、春雨)は比叡救援を命じられるも、五月雨は夕立生存者多数を抱えた上に燃料も不足しており、承認を得てショートランド泊地へ向かった。