エクセル 選択。 知っておくと便利なExcelのショートカットキー10選 [エクセル(Excel)の使い方] All About

Excelで順位付けの方法とは?RANK関数の使い方 [エクセル(Excel)の使い方] All About

選択 エクセル

選択肢となる元データを入力 まずはドロップダウンリストの選択肢として表示される、元データを入力します。 しかし、このボタンをクリックするために、マウスに手を伸ばすのは少々面倒。

7
本来なら、した直後は、その名前がこのボックスに表示されます。

エクセルで複数セルを一瞬で選択できるショートカットキーまとめ

選択 エクセル

条件の設定で「すべての値」となっている項目を「リスト」に変更します。

実は、『CTRL』+『A』を使うと、 『表の中だけを選択』することもできるんです。

基本操作.ジャンプのセル選択|エクセル入門

選択 エクセル

プルダウンでメニューが表示されますので、この中から「セルの強調表示ルール」をクリックします。 入力規則の設定は、以下の手順で行います。 設定するSheet1のB3セルを選択します。

16
表示されたダイアログボックスで、テーブルに変換したい範囲が正しいかを確認し、更に[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]にチェックが付いていることを確認し、[OK]ボタンをクリックします。

エクセルで複数セルを一瞬で選択できるショートカットキーまとめ

選択 エクセル

Sheet1のB3セルにドロップダウンリストで1月~12月を選択することができました。 下図はSheet2のC3:C11に入力した例を示しています。

16
例えば、あるセルに「東京」と入力してあった場合、同じ列のセル上で「と」と入力するだけで、入力候補として「東京」と表示してくれるといったイメージです。 表なんかでは、使えるショートカットキーだと思いますよ。

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

選択 エクセル

これ、めちゃくちゃ大切なポイントです! 1段階目のデータと同じ名前にするからこそ、連動するドロップダウンリストになります! 入力が終わったら、文字カーソルが表示されなくなるまで[Enter]キーを押して、名前の入力を確定します。

3
まずは1つ目の列から。 そこでBe Cool Usersでは、広い範囲の選択は、ドラッグではなく、をおすすめしています。

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Office Hack

選択 エクセル

ボックス内に「元の値」という入力ボックスが表示されますので、ここにプルダウンで選択したいリスト項目を入力します。 2段階目の選択肢は、1段階目で選択したデータと同じ名前がついた範囲をリスト表示したいので、を使って、「 左隣のセルに入力されたデータと同じ名前がついた範囲」が、ドロップダウンリストの選択肢として表示されるように設定します。

13
まずはエクセルを実際に起動して、手順に沿って操作してみましょう! ショートカットキーや関数、テーブルなど、使っているうちにだんだんと慣れてくるものです。 「名前」に「プリンター」と入力します。

エクセルで二つの数字の小さい値を抽出したいです

選択 エクセル

アクティブセルを基準にし、データが入力されている上下左右にセルの選択範囲を広げることができます。 3.「データの入力規則」画面上の「設定」タブを選択して 「入力値の種類」から「リスト」を選択。

もう一度、先程と同じC4番地を起点にして操作してみることにしましょう。 A2セルへ入力規則のリストが設定されました。