レッド ヴァレリー。 レッドヴァレリー(レジュールダムール17) : お馬さんとおみやはんの絵になるお話

レッドヴァレリーの新馬データ

ヴァレリー レッド

一般人の学友には「一夫多妻も多夫一妻も許可されている国の出身で、年下の彼氏がいる」とだけ紹介しており、余計な面倒を避けるために魔力で認識を阻害して恋人の正体がわからないようにしている。 出産に立ち会った産婆を含めた従者たちも数日以内に次々と変死し、父は生まれたばかりのギャスパーが周囲の者に無意識に力を使い、呪殺したのだろうと推測している。 オカルト研究部入部後は、サーゼクスの要請を受けてイッセーのマネージャーに就任する。

牡 2012 黒鹿毛 1勝• 当初はバラキエルとの確執から堕天使の血を忌避して光の力を使っていなかったが、アザゼルの説得で覚悟を決めて力を受け入れる。 その後も神クラスを複数撃破したことで、最上級悪魔への昇格が話題に上るようになる。

出資馬の結果 パイロテクニクス・レッドルピナス: 新・競馬伝道師Kの禅問答

ヴァレリー レッド

人狼が出来上がるまで• 「アザゼル杯」でベスト4以上に入れば魔王に推薦されることが検討されており、サーゼクスからは「七大魔王」の8枠目としてドラゴンとも同一視されることのある「サタン」を襲名することを提案され「 真紅の魔王(クリムゾン・サタン)」を継承してもらいたいと考えている。 ヴァレリーの姉ルーシーはエイドリアンとの間に生まれた娘。

このことから「やればできるタイプ」であり、サーゼクスやグレイフィアからも「何事も一生懸命に取り組む」と高く評価されている。

出資馬の結果 パイロテクニクス・レッドルピナス: 新・競馬伝道師Kの禅問答

ヴァレリー レッド

外見 体格は中肉中背だが、日々の修行で徐々に逞しく引き締まった体型になる。

11
そのファーブニルからは「アーシアたん」と呼ばれ大いに気に入られているのだが、対価として毎度下着を要求されるために現実逃避するようになり始めている。 さらにイッセーとリアスの合体技を参考にした強化形態「 」も開発している。

レッドヴァレリー

ヴァレリー レッド

オーフィス同様外出が制限されているためもっぱら食う、寝る、ゲームするの生活を送っており、現在ではオーフィスの真似をしてはしゃぐなど、かなり感情面も豊かになってきている。 魔法使いとの契約については実力を発揮しきれていないこともあり申込数は眷属内で下から2番目だったが、後に同い年でかなりイケイケな魔法少女と契約を結んでいる。 さらに自身の特異性が「悪魔の駒」に依存している関係上、駒が封じられるか体内にない場合はその真価を発揮できなくなる。

15
牝 2011 青鹿毛 地方1勝• 人狼の正体について村人たちが疑心暗鬼になる中、ヴァレリーは恋人ピーターや婚約者ヘンリーにも疑いの目を向けるようになる。

レッドヴァレリーの新馬データ

ヴァレリー レッド

二天龍の和解をきっかけに「 」を会得し、さらには獲得した夢幻の因子により限定的ではあるが「赤龍帝の籠手」の禁じられた力である「 ロンギヌススマッシャー」を発動できるようになる。

17
2代目魔王の妹で、「元72柱」の次期当主。

ハイスクールD×Dの登場人物

ヴァレリー レッド

当サイトでは出走奨励金に含めて表示します 【褒賞金その他】 年度毎のルールにより、特別に支給される褒賞金など 【回収率】 当サイトでは特に記載のない限り、上記各種控除前獲得金による、募集額回収率を示します。 青春を人並みに謳歌できなかった反動で誰より教育熱心になり、赤龍帝一家の教育係になっている。 自身の眷属から一度に4名も抜けたことから下馬評では弱体化したと噂されていたが、実際は神滅具級を3枠擁した強豪となっており、さらに強敵との戦いを条件にして天龍クラス以上の実力者であるクロウ・クルワッハや悪魔からも恐れられる聖職者のストラーダを自陣に勧誘し、「スカウト」という分野で非常に高く評価されることになる。

9
悪魔の体質的に完璧にこなせる英会話を除くと唯一国語は得意なようで、期末テスト平均90点以上のゼノヴィアとも張り合える(ただし、ゼノヴィアの一番点数が低かった科目は国語)。

出資馬の結果 シャルロワ・レッドヴァレリー・デュアラブル: 新・競馬伝道師Kの禅問答

ヴァレリー レッド

10巻で見聞を広げるために駒王学園に転入し、オカルト研究部に客分扱いで入部した。 また、「神の子を見張る者」総督時代は五大龍王の一匹・ファーブニルと「契約」を交わし、 「 」の疑似禁手「 堕天龍の鎧(ダウン・フォール・ドラゴン・アナザー・アーマー)」を使用していたが、総督を辞したことに伴い、契約をアーシアに引き継いでいる。 牝 2007 鹿毛 地方2勝• また、ライザー戦に向けたトレーニングの座学にて木場の手解きを受けたことや、リアスの実家であるグレモリー家において、リアスの母・ヴェネラナから帝王教育(悪魔文字、悪魔社会関連、グレモリー家のしきたり、社交ダンス、上流階級での振舞いなど)を仕込まれて以降は毎日復習・暗記していること、中級悪魔試験に向けて猛勉強して無事合格を果たしていることなどから新しい知識に対する吸収力も高い。

5
また、正式に兵藤一誠眷属となってからは、不死身の特性を活かして味方の護衛に回る機会も増えている。 3歳7月のデビュー戦では、レース経験を持つ馬たちを相手に中団追走から徐々に押し上げ、直線で抜け出す堂々たる競馬で初勝利をマークしています。