免税 電子 化。 免税店の免税販売手続きの電子化について

ybTaxFree

化 免税 電子

事業者名• 「購入記録情報」電子データの 提供・保存が必要になります 「購入記録情報」の電子データを作成・保存したものを、国税庁に提供する必要があります。

19
観光庁の補助金制度 観光庁では、来日する外国人旅行者の受け入れ環境整備の一環として、免税手続きの電子化を含む、キャッシュレス決済対応や、無料Wi-fiなどの整備などの費用の支援を行なっています。 「購入記録票」の 添付・提出が必要なくなります これまで、旅行者のパスポート情報から「購入記録票」を作成し、パスポートに添付、旅行者は出国時に税関への提出が必要でしたが、これらの手続きがなくなります。

免税販売管理システムの利用について|国税庁

化 免税 電子

注意事項 (1)内容の変更 公開内容は、今後の検討(法制面を含みます。 超高速&超高精度!わずか1秒! 世界194ヶ国、様々な形状のICAO標準パスポートに対応。

8
【新制度に伴う税務署への必要届出書】 輸出物品販売場における購入記録情報の提供方法等の届出書 下記よりPDF書類をダウンロードしてご利用ください。 データはCSV出力に対応 「購入記録情報」のデータは、7年間保存する必要があります。

免税手続き電子化制度とは?

化 免税 電子

【輸出物品販売場】免税対象物品の引き渡し• 対応OS:Windows8以上• 電子化によって大きく変わるのは、購入記録票の作成が紙ベースでなくなる点である。

スマレジなら、販売時の手続きが、たったこれだけ• ご質問は、日本語のみ受け付けます。

免税販売手続きの電子化に対応させるおすすめサービス

化 免税 電子

【購入者(非居住者)】税関でパスポートを提示し、出国• 免税店は、国税庁サーバーに送信した免税データを7年2ヶ月の間、電子的に保管する必要があります。 読取速度が遅い。 Q9「免税販売手続の電子化」への経過措置期間が2021年の9月末までありますが、いつまでに「電子化」を完了(開始)すればよいですか? A9 安全で確実な購入記録情報の送信が必要ですので、充分に経過措置期間を有効活用することが望ましいでしょう。

【輸出物品販売場】購入者へ必要事項を説明• 免税手続きの電子化により、免税書類(購入記録票および購入者誓約書)が廃止になります。 出国税関において、旅行者は購入記録票を提示する代わりにパスポートを提示、税関職員はパスポート番号から当該旅行者の免税購入履歴を電子的に閲覧可能となる。

免税店の免税販売手続きの電子化について

化 免税 電子

(セットアップ料:5,000円) 料金 基本:1店舗あたり月額1,000円(税込)(6カ月以上単位でのご契約) 本部閲覧オプション:月額500円(税込) 同一店舗内での複数台使用に別途費用はかかりません。 免税システムが免税をペーパーレス化、すべての手続きがオンラインで(電子的に)実施されます。

2
jp(国税庁課税部消費税室宛) 件名:「IP-VPN回線の利用申込」 本文:次の事項を本文に日本語で記載ください。

2020年 免税手続き電子化制度とは?

化 免税 電子

国税庁免税販売管理システムIP-VPN回線利用規約に同意した旨 (注)ファイルの添付はお控えください。 jp(ソフトバンク株式会社 宛) 件名:IP-VPN回線の利用契約についての問合せ 本文:次の事項を本文に日本語で記載ください。 免税店は効率化が図れて、購入者は利便性が高まる 電子化により免税店は、手続きが効率化されて作業時間の短縮につながる。

6
免税店が国税庁に購入記録情報を電子にて提供し、それに伴い、非居住者は税関にてパスポートの提示のみで手続きを受けることができます。