仁科 友里 ライター。 安倍昭恵夫人の「KYすぎる行動」から見える孤立と、もっと悪質な「ご友人」の存在

小池百合子、破れなかった天井とは【新・オンナの生きざま#1】|OTONA SALONE[オトナサローネ]

ライター 仁科 友里

《わたしには、「やりたい!」と思う番組もたくさんありました。 ですから、大御所との共演で萎縮することもなく、堂々としているのでしょう。 それだけに、今のようにいろいろな番組に少しずつ出るのではなく、腰をすえて冠番組をやってほしいと願っているそうです。

5
「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。 私の感覚で言わせてもらうならば、問題点は以下の2つだと思う。

金子恵美は、なぜ宮崎謙介と離婚しないのか? 4年ぶり二度目の不倫を許した“政治的判断”(2020/12/03 21:00)|サイゾーウーマン

ライター 仁科 友里

小室氏は現在ニューヨークに留学中だが、2018年7月19・26日号の「女性セブン」(小学館)によると、留学費用はかつて在籍していた弁護士事務所からの援助と奨学金で賄っているという。 もっと楽に生きるための男女の「違い」について、同書著者の 仁科友里氏に話を聞いた。 となると、最短でも2021年、場合によってはもっと遅くなる可能性もあります。

12
このような状況でオカリナを忘れるなんてありえないことですし、万が一忘れたとしたら、どうにかしてなんとかして誰かに持ってきてもらうか、調達すると思います。 本シリーズでは、勝手に女性有名人の人生を拝借し、女性が生き抜くコツについて考えてみたいと思います。

<ヤバ女列伝>工藤静香が『女が嫌いな女』1位になっても幸福の中にいる理由

ライター 仁科 友里

鮎子センセイ、それじゃ、あなたはなぜ結婚したの? とお聞きしたい気分に駆られるが、それでも再婚に至ったのは、宮崎には浮気性という欠点をもしのぐ、何かいいところがある男性なのではないだろうか。 ちょっと考えればわかりそうなものですが、上述したように麻耶は鬼モテした実績があるだけに「自分ならできる」と思ってしまったのかもしれません。 実際、麻耶は周囲との人間関係はうまくいっていなかったそうで、「調子に乗っている」「媚びて仕事を取っている」と非難されたと明かしています。

7
居合わせた他の客は、そんなアッキーを見て声を失い、当の本人はSPに抱えられるようにして店を後にしたということです。

小林麻耶はなぜヤバいほうへ落ちていくのか、「自分にしか興味がない人」が見る地獄

ライター 仁科 友里

最近では、『週刊女性』に遅刻グセを報じられたフワちゃん。 若さ万能の日本社会で、消えることなく活躍する女性有名人たち。 ネットニュースでこの話を知った人は「志らく、ひどい!」と思うかもしれませんが、実際に番組を見ると、印象は変わると思います。

18
最初の妻は衆議院議員・加藤鮎子、二番目の妻が元衆議院議員の金子恵美である。 「憧れの人たちとご一緒できている」と思えれば我慢をするかもしれませんが、「大御所は単なる先輩」と考えた場合、「YouTubeもあるし、何もテレビにこだわる必要はない」という結論にたどりつくのではないでしょうか。

小倉優子、歯科医夫との離婚危機の原因は「性格の不一致」より「人生の相性の悪さ」

ライター 仁科 友里

結果論ではありますが、小川アナ、早く決断できて正解だったと言えるのではないでしょうか。 まずは男性を知り、対等に向き合うための知識が書かれているので、今までの婚活指南本とは内容が全く違うし新しい発見があります。 誰もがこの地獄に落ちる可能性があることを、ヤバ女ウォッチャーとして申し上げておきたいと思います。

しかし、若い世代にとっては「大御所」は「単なる先輩」なのではないかと思うのです。

フワちゃんの快進撃は続く? 大御所にも怯まない姿に見る「テレビ中心主義」の衰退(2020年11月14日)|BIGLOBEニュース

ライター 仁科 友里

ところで嵐といえば、先月、2020年の12月末日をもって、活動休止することが発表されたばかり。 『許すチカラ』で、私は幸せになれた」と力強く語っているが、11月27日、「文春オンライン」に宮崎の不倫を暴かれてしまった。 ファンの皆さまの心中お察し申し上げますが、 事務所にとってもファンにとっても大事なこの2年間にメンバーが結婚するとは考えにくい。

20代のころから、麻耶は大分ストレスを溜めてきたのではないでしょうか。

金子恵美は、なぜ宮崎謙介と離婚しないのか? 4年ぶり二度目の不倫を許した“政治的判断”(2020/12/03 21:00)|サイゾーウーマン

ライター 仁科 友里

そもそも、工藤サンは女性ウケを気にしていないのではないでしょうか。 誰もがこの地獄に落ちる可能性があることを、ヤバ女ウォッチャーとして申し上げておきたいと思います。

国家的慶事のミスはこれで終わりません。 なので、迷うことがあれば 「オトコ」の行動に沿って考えることが成功への近道だということがわかりました。

<ヤバ女列伝>櫻井翔と破局後に即、結婚発表した小川彩佳アナはヤバイほど能率がいい

ライター 仁科 友里

麻耶に悪気がないことはわかりますが、失礼だと受け止める人がいてもおかしくないと思います。 本筋に関係ないことで、いちいち激昂していたら共演者もやりにくいでしょうし、コメンテーターとしての資質に疑問符がついてしまうでしょう。 すぐに自分の話をしてしまうといえば、10月29日放送の『グッとラック!』(TBS系)が思い出されます。

14
『バラいろダンディ』に出演したフリーアナウンサー・大島由香里は、フィギュアスケーター・小塚崇彦選手と離婚しており、金子と同じく一児の母である。 後輩の相談に具体的なアドバイスをせず、自分の話をしてしまうのは「自分にしか興味がない人」の特徴と言えるのではないでしょうか。