減収 補てん 債。 新型コロナウイルス感染症に係る地方公営企業の減収対策に対する繰出金について

地方財政情報館/財政用語小辞典:減税補填債・減収補填債

補てん 債 減収

リーマン・ショック時は269自治体、約1兆2000億円(2009年度)だったと明らかにしました。 公立病院も深刻 受診抑制で自治体病院の経営も深刻です。 自主財源 地方公共団体が自主的に収入できる財源で、市税、使用料、手数料、財産収入等がこれにあたります。

2020年11月27日 金 コロナ禍の自治体、資金繰り苦慮 伊藤議員「減収対策 国に責任」 総務相「必要な一般財源は確保」 新型コロナ感染症が広がる中、多くの自治体が税収の落ち込みによる資金繰りに苦慮しています。 補助費等 主に公益上必要がある認められる団体などに対して、地方公共団体が交付する補助金、他団体と共同して事業を行うための負担金などをいいます。

コロナ禍の自治体、資金繰り苦慮/伊藤議員「減収対策 国に責任」/総務相「必要な一般財源は確保」

補てん 債 減収

徴収の猶予制度の特例• )する地方消費税のうち、市町村分として交付される交付金をいいます。 軽油引取税交付金 軽油引取税のうち、国県道の面積で按分した額が県から交付されるものです。 公債費負担比率が高いほど、一般財源に占める公債費の比率が高く、財政構造の硬直化が進んでいることを表します。

5
このうち公立病院に活用したのは34団体」と明らかにしました(表)。

新型コロナウイルス感染症に係る地方公営企業の減収対策に対する繰出金について

補てん 債 減収

したがって、この割合が高いほど自主的な行政運営ができることになります。 義務的経費 地方公共団体の歳出のうち、任意に削減できない極めて硬直性が強い経費で、主に職員の給与等の人件費、生活保護費等の扶助費及び地方債の元利償還金等の公債費で構成されています。

本予算(ほんよさん)ともいわれています。

新型コロナウイルス感染症に係る地方公営企業の減収対策に対する繰出金について

補てん 債 減収

減収補填債の発行をしなければ、地方交付税の基準財政収入額の減額という形で翌年度に清算されるが、事業を促進すべきときには、いわば前倒しして減収補填債で手当することもできるのである。 決算は、会計管理者が調製し、地方公共団体の長に提出します。 収益的収入及び支出 公営企業会計において、一事業年度の企業の経営活動に伴い、発生が予定される全ての収益とそれに対応する全ての費用をいいます。

6
「減収補てん債」は、税収が見込んだ収入額を下回ると見込まれる場合に発行することができるもので、元利償還金の75%が後年度の基準財政需要額に算入されます。 普通交付税の算定に用いられます。

地方財政情報館/財政用語小辞典:減税補填債・減収補填債

補てん 債 減収

総務省が来年度の一般財源総額の概算要求を、20年度と「実質的に同水準を確保する」と示していることをあげ、「コロナによる地方税収の減額分を見込み、地方が必要とする一般財源総額を確保するべきだ」と迫り、武田総務相は「必要な一般財源総額は確保する」と答弁しました。 標記の件について、説明を受け、質疑応答及び意見交換を行った。

9
都道府県支出金 特定の事務事業に要する経費の財源として、県が市に交付するものをいいます。 衛生費 健康増進や衛生管理のため、予防接種や健康診断、環境調査、ごみ収集、公害対策などに要する経費をいいます。

熊本市 厳しい懐事情で異例の措置(RKK熊本放送)

補てん 債 減収

単年度予算主義の原則 一会計年度の予算は、その年度内に執行し完結することとなっています。

1
丁寧に助言し資金調達をサポートする」と応じました。 普通交付税 地方公共団体間の財源の不均衡を調整し、すべての団体が一定の水準を維持しうるように財源を保障するものとして、国が地方に代わって国税として徴収し、一定の合理的な基準によって再配分されるものです。

さいたま市/財政用語解説

補てん 債 減収

平成29年度当初予算審議が行われますが、税収見込みは大丈夫か、不安になります。

17
減収補てん債 地方税の収入額が標準税収入額を下回る場合、その減収を補うために発行される地方債です。

熊本市 厳しい懐事情で異例の措置(RKK熊本放送)

補てん 債 減収

総務省が来年度の一般財源総額の概算要求を、20年度と「実質的に同水準を確保する」と示していることをあげ、「コロナによる地方税収の減額分を見込み、地方が必要とする一般財源総額を確保するべきだ」と迫り、武田総務相は「必要な一般財源総額は確保する」と答弁しました。 そのひとつが「減収補てん債」です。 消防費 消防体制の維持や風水害対策等の災害防除などに要する経費をいいます。

地方税収、特に法人事業税や法人住民税などの法人関係税の収入見込みが、予想せざる経済の落ち込みによって財源不足に陥ったときに発行できる地方債である。 そのうち、地方税の改正による恒久的な減税の実施に伴う地方税の減収が1. ただし、制度的な減税であれば、地方交付税率の引き上げか他の恒久的な財源で補填すべきもので、減税補填債のような後に負担を残すような補填策は例外的なものでなければならない。

総務省|地方財政審議会|令和2年度地方財政審議会(7月28日)議事要旨

補てん 債 減収

標準財政規模=標準税収入額等+普通交付税 +臨時財政対策債発行可能額 基準財政収入額 地方公共団体の財政力を合理的に測定するためのもので、標準的な状態において徴収が見込まれる税収入を一定の方法によって算定するものです。 償還利子を全額国庫負担でみるべきだと要求しました。

9
配当割交付金 特定配当等の支払いを受ける際に、県税として一括徴収され、その一部が市町村へ交付されるものです。 掲載日:2020年6月5日 新型コロナウイルス感染症に係る地方公営企業の減収対策に対する繰出金について 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための取組に伴う利用者の減少等により資金不足の発生又は拡大が見込まれる地方公営企業向け措置等について、(令和2年5月29日付け総財公第95号総務副大臣通知)により通知がありました。