スイクン 性格。 【サンムーン】「スイクン」はもっと評価されてもいいはず シーズン3シングル1位と3位も使用しているポケモン

スイクン厳選と対策!持ち物、技、性格は?育成論

性格 スイクン

その影響で性格も「ひかえめ」が「ずぶとい」に迫る勢いで増加している。 また対戦環境はというと、メガシンカに続きが登場したことで火力インフレが更に加速。 シングルバトルでは、、、で違和感なくフルアタック構成にできるようになったため、とつげきチョッキ型が3番手辺りになった。

特性 プレッシャー(わざを受けると、相手のわざのPPを1多くへらす) 隠れ特性 ちょすい(みずタイプのわざを受けると、ダメージや効果を受けずに最大HPの4分の1のHPが回復する) 種族値 HP 100 こうげき 75 ぼうぎょ 115 とくこう 90 とくぼう 115 すばやさ 85 覚える技 01ハイドロポンプ 01じんつうりき 01おいかぜ 01かみつく 01にらみつける 08バブルこうせん 15あまごい 22かぜおこし 29オーロラビーム 36しろいきり 43ミラーコート 50こおりのキバ 57おいかぜ 64じんつうりき 71ハイドロポンプ 78めいそう 85ふぶき わざマシン、ひでんマシン ORAS 04めいそう 05ほえる 06どくどく 07あられ 10めざめるパワー 11にほんばれ 13れいとうビーム 14ふぶき 15はかいこうせん 17まもる 18あまごい 21やつあたり 27おんがえし 28あなをほる 30シャドーボール 32かげぶんしん 33リフレクター 37すなあらし 42からげんき 44ねむる 48りんしょう 55ねっとう 60さきおくり 68ギガインパクト 77じこあんじ 78じならし 87いばる 88ねごと 90みがわり 94ひみつのちから 95バークアウト 100ないしょばなし 01いあいぎり 03なみのり 05たきのぼり 06いわくだき 07ダイビング 教え技 シグナルビーム アイアンヘッド こごえるかぜ アイアンテール いびき おいかぜ みずのはどう スポンサーリンク スイクン考察 スイクンの性格は『ずぶとい』 スイクンが出てきた時、まず『ずぶとい』であると想定して行動すべき、というぐらい多い性格です。 低火力の攻撃技の代わりに一撃必殺技「ぜったいれいど」を使います。

【S12記録】ランドスイクンミミッキュ|Ramune Hazuki|note

性格 スイクン

「みがわり」とも好相性。

上記の通り、HPと防御の種族値は全ポケモンの中でもトップクラスに位置しており、きちんと育成すれば相手の攻撃を受けても中々倒れないしぶとさを見せてくれる。

スイクン育成論 : アタッカー特殊受けスイクン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

性格 スイクン

受けループにも強く、H実数値を204以上にすればみがわりがちきゅうなげを耐える。

3
撃ち負けそうな大火力の相手にはミラーコートで反撃できるので、対面性能は非常に高い。 攻撃性能と技のレパートリーではに劣っていたが、耐久性能では勝っていた。

スイクンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

性格 スイクン

特に『ポケットモンスタークリスタル』では、前述した通りジャケットを飾ったり、他2匹が徘徊入手なのに対しスイクンだけ固定シンボル扱いで、特殊イベントまで用意されているなど、かなり上質な扱いを受けている。

『ちょうはつ』が覚えられるポケモンは『はたきおとす』も使える場合が多いので、ついでに道具を排除しておきましょう。 「めざめるパワー」がみずタイプになれば漸く扱いやすくはなるが、それでも「」の驚異的な連射性でダメージを稼げるシャワーズにはダメージ効率の面では圧倒的に不利である。

スイクン厳選と対策!持ち物、技、性格は?育成論

性格 スイクン

また対応できる相手がスイクンなどに限られすぎるため、もう少し広範囲に対応できる別なポケモンを使った方が良くなってしまいます。 スイクンなど水タイプへの後出し・ボーマンダやキングドラの「りゅうせいぐん」を当てられる場合があることを考えて、残りは特防に振ります。

3
アイアンヘッド、アイアンテール プテラ、バンギラス、テラキオンなどの岩タイプへの有効打です。

雑記.クラウンポケモンの見分け方

性格 スイクン

コレにより、「めいそう」で特殊耐久の上がってしまったスイクンを流すことができます。

高耐久・低火力のスイクンとの相性は良いが、性能は大幅に低下した。

ラプラス育成論

性格 スイクン

この事に多くのユーザーが震撼し、 「零度スイクン」がtwitterのトレンドに入り、あげくYahoo! 親名 :WIN2011 出会った場所 : ポケモンイベント ID:02211 となっている以外は、クラウン三犬と同じ仕様となっております。 落とせる相手を増やせますが、安定感に欠けます。 これがプレシャスボールです。

7
プレッシャー、めいそう、ぜったいれいどを持つため、長期戦は危険。 スーパーリーグおよびハイパーリーグ共に活躍できる存在に名乗りを上げたのである。