岡田 公彦。 SHIFT 日本語版

SHIFT 日本語版

公彦 岡田

階段を上がってすぐに、出会うのは、洞窟のような空間だが、見ようによっては、逆さにした地形の巨大な模型を思わせる。 表面には、大小さまざまなシワやヒダやデコボコがある。 アーキテクトルーム 関連項目 [編集 ]• もちろん、すべての建築家がアーティストとしての創作ができるとは限らないが、少なくとも、なにがしかの審美性をもち、造形を考えるのは建築家の作業の一部であるから、もともとアーティスト的な感覚や思考を日々働かせている。

8
2005年~ 岡田公彦建築設計事務所設立。

ディーゼル、渋谷でインテリアのインスタレーション

公彦 岡田

この巨大な展示物を生かし、全体の雰囲気を盛り上げるのが照明だ。 ちょうど、クライントと相談しながら、淡々とひとつの建築プロジェクトが成し遂げられる現場を見たようだ。

6
岡田氏の作品には、どこか透明感、浮遊感を感じられるものがあるが、この作品「Another Geography」にも、それは感じられる。 もっともアーティストのアーティストたるゆえんはそのあたりにもあることは否定できないが。

SHIFT 日本語版

公彦 岡田

有機的にも見え、無機的にも見える。 逆に、アーティストが建築家になることは事実上、できない。

ディーゼルが岡田と生み出したこの空間から、今の住まいや新居をリフレッシュするアイデアがもらえるかもしれない。

SHIFT 日本語版

公彦 岡田

主な作品 [編集 ]• 岡田氏の設営過程では、設備が集中する天井の空調の流れを横に流すための下準備だけで数日間をかけていたし、セキュリティーの問題なども率先して適切に処置した。

18
夜ならば、いっそう不思議感が増す。

岡田公彦建築設計事務所 NOTE: 東海大学 湘南キャンパス

公彦 岡田

岡田公彦による"Aluminum Landscape"• 豊田市生涯学習センター逢妻交流館(プロポーザル)• 全体を一気につくることはできないから、部分的にしだいに張り合わせていく。 岡田公彦がデザインしている2008年public space projectのための作品• 垂れ下がった部分などは、その周囲を人が通っただけで、実は、ゆらりと動いていたりもしている。

8
「素材に内在する力が生み出す形」や、「自然の法則によってできる地形」の、結晶的な法則性を喚起させる。 ギャラリーの正面フロントファサードには二層吹き抜けで、ダブル・ハイトになっているが、この部分の天井も覆われている。

岡田公彦建築設計事務所 NOTE: 東海大学 湘南キャンパス

公彦 岡田

様々な窓が積み重なって出来た部屋は、ユニークでクリエイティブな生活を想像させ、わくわくさせられる。 こういう方法しかとれないのだが、どこからどう始めるか、やってみるとかなり難しい作業であることが分かる。

20
床に置かれた照明は、雲にもみえ、天地が逆転した世界ともなる。

岡田公彦とは

公彦 岡田

プリズミックギャラリー• DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA Another Geography 出典 [編集 ]• DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAの2階ギャラリーは、天井高が4メートル以上あり、光も三方向から入るという恵まれた条件をもつが、その空間に圧倒されない存在感をもった作品をつくることは、アーティストにとって、チャレンジングな仕事でもある。 よく見ると、決して任意にぐるぐると巻いてつくったものではなく、輪と輪の接点をひとつづつが手作業で結びつけられて、まとまりのあるかたちになっていることが分かる(なお、床に置かれた照明は、作品として販売されている)。

3
インスタレーションは「windows」と題され、2015年2月15日 日 まで開催している。 すべての膜を集めて延ばすと、面積は約600平方メートルとなるが、固めても重さはわずか20キロ、人がひとりで持てる重さである。