ネイティブ アメリカン 現在。 今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史

ネイティブアメリカンと自然崇拝。今尚続く迫害の歴史について

アメリカン 現在 ネイティブ

Petun• Arawak• 1971年8月:スー族AIMによる「 ラシュモア山占拠」 8月24日、米国政府が「第二次大戦が終われば返す」として軍用地として接収したの土地200万エーカーを、約束を反故にして返さず、国立公園に組み入れようとしていることに抗議し、3人のスー族女性が大統領の顔の彫られたで座り込み抗議したもの。

7
:の聖地()の観光開発に反対するラコタ族の訴訟。 Hoohoogam• Shuswap• Sechelt• 収穫が終わる時期、自然とともに生きる人たちにとっての晩秋は、実りと草木が枯れ始める、生と死が隣り合わせにある時期だと感じられたのではないでしょうか。

ネイティブアメリカンは現在もアメリカに蹂躙されて続けている

アメリカン 現在 ネイティブ

Tait• 彼らは何を求めているのか。 厳しい冬の時期を陸路で、しかも多くの者は徒歩で1,000kmもの旅をさせられたために1万2,000人のうち8,000人以上が死亡した。

2
Lower Snake Chamnapam、Wauyukma、Naxiyampam• またさらにインディアンの警察官採用要求などを実現させた。 〈インディアン〉(この記事では北米ネイティヴ・アメリカンを示すために〈インディアン〉の呼称を用います)たちは白人たちによる虐殺と疫病、戦争や強制移住におびやかされ、その余韻は今なお残っています。

インディアン

アメリカン 現在 ネイティブ

歴史と現状の問題点だけピンポイントでまとめたが、他にもメディアを通じて作られる先住民像が起こす諸問題であったり、同化政策のプロセスであったり、様々な部族国家の生き残り策であったりと話題は多岐に上る。

11
結果的に白人たちの戦争に巻きこまれたインディアンは力を弱めていき、その後の悲劇につながるのです。

今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史

アメリカン 現在 ネイティブ

Wiyot• Acoma• Samish• 一般に、アメリカ州への先住民族の移住は1.アメリンド、2.、3.の3波が存在したと考えられている。

17
Wanapum• Rivers Inlet• 」というコメントを発表している。

今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史

アメリカン 現在 ネイティブ

死者を煙でいぶし、にして保存する部族も多かった。

14
Muckleshoot• 同化政策によって言語をはじめとする地域文化が失われ、生き延びた者も化が進み純粋な部族は残り少ない。

え、あの人も、ネイティブ・アメリカン!?: Native Heart

アメリカン 現在 ネイティブ

しかし「文明人」「キリスト教徒」のヨーロッパ人たちは、同じ人間であるインディアンたちを動物同然に虐殺し、駆り立て、奴隷化して酷使しました。 代表的なものは、ペンシルベニア州の「 ()」の創始者であり、校長を務めた ()による、「人間を救うためにインディアン(野蛮人)を殺せ」 という標語に代表される、インディアンの子女を親元から引き離し、「」に送ってインディアンの文化や言語を禁じ、軍事教練を基本にした指導による、キリスト教や西洋文化の強制学習である。 () Wind River Shoshone• かつてはモルモン教徒は彼らと結託し、西進してくる幌馬車隊をユタに侵入させないよう共闘して襲撃した。

1万体のオーロネ族の骨は部族の猛抗議を無視してのハースト人類学博物館のインディアン遺骨コレクションに加えられた。