環境 研究 総合 推進 費。 関連資料

公募説明会(令和2年度)|公募情報|環境研究総合推進費|独立行政法人環境再生保全機構

推進 費 研究 総合 環境

成果発表等にあたっては、統一的にこの名称を使用してください。 事前評価の結果に基づいて新規課題の採否を決定し、中間評価の結果に基づいて次年度予算額の増減を決定するなど、透明かつ公平で効率的な制度運用に努めています。

日本土壌肥料学会2018年度静岡大会(令和元年9月3日~9月5日)【終了しました】• 社会環境システム研究領域 統合評価研究室 主任研究員 肱岡靖明 2010年7月号 [Vol. 技術開発実証・実用化事業」と、資源循環領域のうち、廃棄物の安全かつ適正な処理、循環型社会の形成推進に関する「イ. 東京大学大学院理学系研究科 教授 近藤豊 2012年11月号 [Vol. また、技術開発成果の社会実装を進めるため、基礎、応用研究によって得られた技術開発成果の実用可能性の検証を行う課題として環境問題対応型(技術実証型)を公募します。 令和3年度の新規課題の公募は行いません。

環境研究総合推進費の概要

推進 費 研究 総合 環境

想定される研究成果により環境政策への貢献が期待できる研究課題を広く公募します。 次世代循環型社会形成推進技術基盤整備事業 「資源循環領域」に係る技術開発で、廃棄物の安全かつ適正な処理、循環型社会の形成推進に関するもので、実現可能性、汎用性及び経済効率性が見込まれる技術を開発する事業を公募します。 2012年12月20日 を掲載しました。

2
福島大学共生システム理工学類 研究員 近藤雅征• 「環境研究・環境技術開発の推進戦略」(令和元年5月環境大臣決定)に基づき、重点課題やその解決に資するテーマを提示した上で、広く産学民官の研究機関の研究者から提案を募り、応募された課題のうち、外部有識者等による事前評価を経て採択された課題について、研究開発を実施します。

環境研究総合推進費の概要

推進 費 研究 総合 環境

2013年9月27日 を掲載しました。 14MB]• 2014年11月10日 を掲載しました。 以下のサイトで、令和3年度新規課題公募に係る公募要領及び応募様式を入手し、熟読の上、御応募ください。

(なお、「概要版」の「最終草稿」についても、変更記録としてリンクを残します。 公募説明会開催について 公募の開始にあたり、公募説明会を開催させていただきます。

令和3年度環境研究総合推進費新規課題の公募について

推進 費 研究 総合 環境

「選択肢最終版」は、評価手法や前提条件等も含めて詳しく述べる「詳細版」と、評価結果を中心に要点をまとめる「概要版」からなります。 「三方湖総合研究プロジェクト 3年間のまとめ」 D-0910 パンフレット このパンフレットは、環境研究総合推進費 D-0910「福井県三方湖の自然再生に向けたウナギとコイ科魚類を指標とした総合的環境研究」(吉田 丈人 東京大学准教授)による成果をとりまとめたものです。

研究参画機関• 本レポートは、本研究の活動の成果の中から、ご関心のある皆さまにお伝えしたい内容を抽出して毎年1回発行するもので、今回が第1 号です。 2013年5月9日 を掲載しました。

関連資料

推進 費 研究 総合 環境

新規課題の公募について(令和3年度) 公募概要 機構では、環境研究総合推進費における令和3年度新規課題を以下のとおり公募します。 2014年1月24日 を更新しました。 ICA-RUS の全体像• 推進費以外の研究によって得られた技術開発成果をもって応募することも可能です。

14
希少植物、絶滅危惧植物の調査 その植物がどこに自生しているのか。

環境研究・技術 情報総合サイト

推進 費 研究 総合 環境

2014年11月13日 を掲載しました。

8
2013年9月3日 を掲載しました。 第60回大気環境学会(令和元年9月18日~9月20日)【終了しました】. 令和3年度環境研究総合推進費新規課題の公募について• また、新型コロナウイルス感染症の影響による環境条件、社会状況等の変化に伴い発生した新たな状況において、実施可能な調査や実験、貴重なデータ等が得ることができる場合、選択した重点課題の研究目的の範囲内において、これらの研究を実施することも推奨します。

環境省環境研究総合推進費 戦略的研究開発プロジェクトS

推進 費 研究 総合 環境

2017年5月25日 を掲載しました。

1
2017年11月14日 を掲載しました。 注) をクリックすると のサイトにリンクします。

環境研究総合推進費(S

推進 費 研究 総合 環境

環境省環境研究総合推進費は、環境問題が人類の生存基盤に深刻かつ重大な影響を及ぼすことに鑑み、さまざまな分野における研究者の総力を結集して学際的、国際的な観点から総合的に調査研究および技術開発を推進し、もって持続可能な社会構築のための環境保全に資することを目的としています。

19
・次世代事業 以下の通り、本事業として実施することにより実用化が見込まれ、かつ汎用性及び経済効率性に優れた技術の開発を対象とします。

プロジェクト内容|環境省 環境研究総合推進費 希少植物・絶滅危惧植物の持続可能な域外保全ネットワークの構築

推進 費 研究 総合 環境

)は、気候変動問題への対応、循環型社会の実現、自然環境との共生、環境リスク管理等による安全の確保など、持続可能な社会構築のための環境政策の推進にとって不可欠な科学的知見の集積及び技術開発の促進を目的として、環境分野のほぼ全領域にわたる研究開発を実施しています。 ・令和2年度環境研究総合推進費パンフレット• (申込期限:10月8日 17:00)• 2019年5月22日 を掲載しました。

環境再生保全機構では環境省所管の競争的資金である「環境研究総合推進費」の配分業務を実施しております。