川口 支隊。 一木支隊

ガダルカナル島をめぐる戦い(2)激闘-陸・海・空の死闘

支隊 川口

128-129総合情勢の通報と一木支隊の「ガ」島飛行場奪回の失敗• 歩兵大佐:1909年(明治42年)11月30日 - 1912年4月1日• 先遣隊は十六日五時驅逐艦六隻に依りトラツクを出航し南路ガダルカナル島に向ふ此の間諸情報を綜合するにガダルカナル島に上陸せる敵兵約二千にして其の戰意は旺盛ならさるものの如く一部はツラギ方面に退避しつつあるを知るの外駐在武官報は米軍のガダルカナル島方面作戰の目的は日本軍の飛行基地破壊に在りて此の目的を達成せる米軍は目下日本海空軍の勢力下に在る同島よりの脱出に腐心しありと傅ふ• 朝の太陽のもとで、海兵隊員たちは目をしばたたいた。

飛行場突入はできなかった。 3 マタニカウ川で小戦闘 3個中隊に、日本軍攻撃のための簡単な指示がなされた。

ガダルカナル島の戦い

支隊 川口

18日、第38師団による夜襲が行われたが失敗し、その後アウステン山の西稜線守備隊として転用され、翌年1月のアメリカ軍の反転攻勢を受けることになる。 その時陸軍の想定として、上陸した敵は約2000名、日本陸軍の強襲をもってすればすぐに落とせると考えていました。 製氷工場は『・アイス・カンパニー』と名づけられ、アメリカ軍兵士は氷を使いを製造した。

7
川口少将の主張により、60隻の小型舟艇に分乗し島づたいにガダルカナルに向かった別働隊(約1,000名)は、空襲や故障で被害を受けたうえ分散状態になり、本隊とは飛行場を挟んで反対側にたどり着いてしまい、総攻撃には間に合わなかった。

ガダルカナル島の戦い

支隊 川口

, p. 九月七日午後六時、 突撃大隊は駆逐艦「マンレー」「マッキーン」と、改装した二艘のマグロ船にのりこんだ。 そのため20,000名以上の大兵力、火砲200門以上と1個(戦車・、75両)を上陸させようとしたがごく一部しか揚陸できなかった。 第一次編成 [ ] 終結後の戦力増強策の一環でと共に1907年(明治40年)11月に創設された。

すると、前日全滅した斥候隊の生き残り兵が助けを求めて来ました」 ボートを中川(イル川 クリーク)に乗り入れようとすると、干潮にもぶつかりなかなかうまくいかない。

一木清直

支隊 川口

離脱してショートランド泊地への帰還に成功するが、11月18日の空襲で沈没した。

4
の日没前にはルンガ防衛線からおよそ14km東の地点まで到達した。 米をやると、ナマのままポリポリかじるんです。

一木支隊

支隊 川口

最後に上陸した第38師団の兵士もこれと同様の話を語っている。

4
、4223頁 1942年8月21日記事• このため、その後海兵隊はすべての日本兵の遺体を撃ち、銃剣で刺した。 、412-413頁 1942年8月20日記事• 一連の事前砲爆撃によってアメリカ軍航空部隊は飛行機の半分以上とガソリンのほとんどを焼失する大きな打撃を受けていたが、アメリカ海兵隊は既にヘンダーソンとは別に、規模の小さな戦闘機用の滑走路を完成させていた。

第18師団 (日本軍)

支隊 川口

戦闘 [ ] 前哨戦 [ ] 英領ソロモン諸島マーティン・クレメンス(中央)と現地警備軍。

2
作戦目標は、飛行場を挟んで川口支隊とは反対側の西側に上陸し、飛行場占領することであった。 もっともちかい航空支援基地は、ニューヘブリデス諸島のエスプリトゥサントである。

一木清直

支隊 川口

編成完結後の更なる増援軍として・とともに(司令官:)に編入されに上陸しの背後からの攻撃にあたる。

『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』121頁。 8月28日 - 大本営陸軍部参謀中佐(参謀本部作戦班長)、大本営海軍部を訪れ「一木支隊ハ敵包囲ヲ受ケ一木聯隊長ハ軍旗ヲ焼キ切腹、自刃セリト、約一〇〇名包囲ヲトキ後退セリ」と説明。

太平洋戦争ガダルカナル島の戦いで川口支隊の川口少将は賛否両論ある指揮...

支隊 川口

これに対し、日本軍はソロモン水域に 3 隻の(「」「」「瑞鳳」)を有していた。 機関銃、自動小銃、迫撃砲、そして手榴弾もつかわれた。 そうではない、ということを証明しないといけません。

だが佐藤大佐はで編制された第9駆逐隊(、、、)司令である。 日本海軍によって行われたガダルカナル島の飛行場造成は計画性がなく、それを巡る戦闘でも陸海軍に大きな被害を出す結果になった。

一木清直

支隊 川口

早朝、アメリカ海兵隊約300名は日本軍ガ島守備隊陣地西方のコカンボナ(クルツ岬西方約5km)に上陸し、同時にマタニカウ川右岸の海兵隊も砲兵支援下で攻撃を開始した。 サンタクルーズ島沖での戦いはおわった。

外部リンク [ ]• 、大本営海軍部情報部は「ソロモン来攻兵力は海兵隊一コ師団、人員約1. 歌集『南海の雲』 - 1953年、軍医・がガダルカナル戦場で詠んだ短歌約150首を所収。 - 配属• 25日からは飛行場から発進した米攻撃機による空襲が始まり、高級将校多数が戦死した。