Nhk スペシャル 首都 直下 地震。 発災直後からの4日間を描くリアルタイム・ドラマ |NHK_PR|NHKオンライン

NHKスペシャル【体感・首都直下地震】動画の見逃し配信や再放送を紹介

直下 地震 nhk スペシャル 首都

5月 (キャンパス)• U-NEXTの「31日間無料トライアル」にお試し登録すると、600円分のポイントがプレゼントされるので、映画やドラマなどの有料作品や電子書籍を購入することができるので是非利用してみてください。 あの時もっと考えておけばよかった、知識さえあればなどと後悔しないよう、この作品を見て一緒に考えていただけたらなと思います。

18
本当に重要な話題ですし、かなりNHKも力を入れていると感じるのでいずれ再放送はあるかもしれません。 およそ1万5,000軒の家屋が倒壊し火災も発生。

首都直下地震「今後30年で70%」の根拠は|日本列島 どこで何が起きるのか|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

直下 地震 nhk スペシャル 首都

【出演】 小芝風花、高橋克典、伊藤淳史 室井 滋 ほか 小芝さんは初のアナウンサー役に向けて、アナウンスレッスンやニュースセンター見学など、準備を進めています。

15
ほかにもNHKオンラインを中心とし、多様なSNSでもデジタルサービスを展開。

首都直下地震「今後30年で70%」の根拠は|日本列島 どこで何が起きるのか|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

直下 地震 nhk スペシャル 首都

今できることを考え続けていくことが大切だと思います。

5
12月2日 19:30-20:42 DAY1 あなたを襲う震度7の衝撃• <シリーズ体感・首都直下地震>|その内容は. 「終わりの見えない被災」 【放送予定】12月7日(土)[総合]後9:00 地震発生から1週間後、1ヶ月後、1年後、10年後、首都東京や日本はどうなるのか。 演出 -• 番組の感想や口コミ 首都直下地震で死ぬのが想定で2万3000人くらいか。

発災直後からの4日間を描くリアルタイム・ドラマ |NHK_PR|NHKオンライン

直下 地震 nhk スペシャル 首都

( 2019年12月)() DAY1(2019年12月2日) 地震発生 〜あなたを襲う震度7の衝撃〜 [ ] もうひとつの東京「パラレル東京」では、2019年12月2日16時4分、を震源(深さは言及がなく不明)とするマグニチュード7. 動画の見逃し配信は、NHKが運営する動画サービスの NHKオンデマンドと、動画配信サービス最大手、 U-NEXT内のNHKオンデマンドから、放送後の翌日から配信されているのですが、ここではNHKオンデマンドで視聴するより、U-NEXTで視聴する方が断然お得に観ることができるのでU-NEXTをオススメしています。

12
(名誉教授) リポーター [ ]• でも対策、とっていますか?知っておきたいグッズを紹介 など、いろいろな情報を、今だからこそ明るく伝える。 群衆誘導用ドローンが実験されています。

NHKスペシャル【体感・首都直下地震】動画の見逃し配信や再放送を紹介

直下 地震 nhk スペシャル 首都

2019年12月2日閲覧。 世界にも影響を及ぼす経済の混乱が、数年数十年と長期化すると、さらに経済被害は増加していくことになります。 - NHK経営情報 2011年• 美香は帰宅を控えて安全な場所に留まるように注意喚起を行う一方で、本番前ににいた妹・ 倉石有紀に急いで家に帰るよう伝えてしまっていたことに動揺する。

死者はおよそ2万3,000人にのぼり、その7割にあたるおよそ1万6,000人は 火災が原因で死亡するとされています。

WEB特集 “地獄絵図”「被災ツリー」で見えた首都直下地震3つの危機

直下 地震 nhk スペシャル 首都

首都直下地震、このようなことが起きると疑似体験していれば、実際の時に落ち着いて行動できるはず。 ちょっとした注意点があるのです。 死者2万3,000人 経済被害95兆円 冬の夕方、風が強い最悪の場合は、全壊または焼失する建物は61万棟に上り、このうち火災で焼失するのはおよそ41万2,000棟とされています。

16
、、、で壊滅的な被害が発生し、1,200人以上の死者が確認され、20,000人を上回る死者が予想される。

NHKスペシャル【体感・首都直下地震】動画の見逃し配信や再放送を紹介

直下 地震 nhk スペシャル 首都

再生時間 1:52 江戸時代から大正の関東大震災に至るまで、過去の地震の歴史記録などをもとに、将来発生すると予想されている地震です。 震度や津波到達の時間や高さに加え、高齢化率や人口密度、時間帯など様々な要素が被害を左右します。 実際は物の管理、把握がしやすい。

もし巨大地震の震源が陸地に近ければ、揺れはどのような姿で我々の前に現れるのか。 番組、デジタルコンテンツ、防災イベントを通じて地震・水害などの自然災害の脅威を視聴者に体感し、これらの災害経験を風化させずに、暮らしの中で、防災・減災の必要性を「自分ごと」として意識してもらうことを目的とする。