状況 類語。 【例文あり】情勢/状勢の意味とは?使い方と類語、状況との違いを解説!

「昨今」の意味と使い方、類語「最近・近年・今日」との違い、英語表現

類語 状況

決込む• )を受けた市町村(以下「認定市町村」という。 現代の流行に基づき様々なパターンの色合いをご用意いたしました• 社外取締役の選任状況• 一般的に「今日」は<きょう>という読みで使いますが、 <こんにち>と読むこともできます。

11
正しく推量する; 推測することによって、解決する の意• 推しあてる• 現今) 「このような商売は当節、全然儲かりません」. 内閣総理大臣は、第十条第九項の認定(前条第一項の変更の認定を含む。

【例文あり】情勢/状勢の意味とは?使い方と類語、状況との違いを解説!

類語 状況

。 「昨」は「むかし。 例えば、「過去3カ月の売り上げに鑑みた結果、化粧品の分野からは撤退することが決まった」という例文。

18
しかし、その点についても心配いりません。 現在から見て近い過去) 「彼とは以前会ったことがある」 この間 (意味:この前。

「昨今」の意味と使い方、類語「最近・近年・今日」との違い、英語表現

類語 状況

「昨今」を適切に覚えて、上手く使うようにしましょう! 「昨今」の読み方と意味(具体的な期間は?) 「昨今」は <さっこん>と読みます。 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi. この法律は、日本列島北部周辺、とりわけ北海道の先住民族であるアイヌの人々の誇りの源泉であるアイヌの伝統及びアイヌ文化(以下「アイヌの伝統等」という。 霧が濃い状況で車の運転は危険です。

6
「今日(こんにち)」とした場合は、 「今の時代。

推測(すいそく)の類語・言い換え

類語 状況

推しあてる• 接続詞の場合は、ひろがな表記「ふまえて」を使う 「踏まえて」には原型の「踏む」というのニュアンスはなく、 接続詞的に使うので、ひろがな表記するのが正しいです。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

7
この日」という意味で使います。 思い為す• 思為す• 「状態」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「失業リスクがある」• 主に、スピーチや文章などで使われます。

【例文あり】情勢/状勢の意味とは?使い方と類語、状況との違いを解説!

類語 状況

国土交通大臣及び文部科学大臣は、この法律の施行に必要な限度において、指定法人に対し、その業務に関し報告をさせ、又はその職員に、指定法人の事務所に立ち入り、業務の状況若しくは帳簿、書類その他の物件を検査させ、若しくは関係者に質問させることができる。 相手に対して「踏まえてください」や「踏まえたうえで〜」と使用すると、「考慮してください」というようなニュアンスになり上から目線だと思われてしまう可能性があります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

医療は、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療の担い手と医療を受ける者との信頼関係に基づき、及び医療を受ける者の心身の状況に応じて行われるとともに、その内容は、単に治療のみならず、疾病の予防のための措置及びリハビリテーションを含む良質かつ適切なものでなければならない。

状況(じょうきょう)の類語・言い換え

類語 状況

近頃」です。 思い当てる• たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

11
推しあてる• 先例を参考にした結果を意味する「鑑みた結果」 「鑑みた」を使った言い回し方の1つが、「鑑みた結果」です。 推し計る• 「昨今」と似ている言葉との違い 「昨今」と「今日」の違い 「今日」は 「(現在の)この日。

改善(かいぜん)の類語・言い換え

類語 状況

単に過去の出来事や人を思い返す場合は「顧みる」を、過去を参考に現状について考える場合は「鑑みる」をと、使い分けましょう。

異らす• 情勢を読む/うかがう 社会の流れが変化を見極めること。

状況(じょうきょう)の意味や使い方 Weblio辞書

類語 状況

ここまで読んできた方は、情勢の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。

1
4 「環境」は、「自然環境」「環境破壊」のように、人為的でない自然、物理的な状況などについても広く用いられる。