推敲 意味。 推敲とは

「推敲」の意味とは?類語や由来となった漢文も解説(例文あり)

意味 推敲

「推敲を重ねる」「何度も推敲する」 うーん、「推敲を重ねる」でいいみたいだなー。

7
この場合、「手を入れてもらう」「添削してもらう」などと表現します。 そして、その列に突っ込んでいってしまいました。

推敲とは

意味 推敲

「推敲」の英語表現 「推敲」は英語で「polish the wording」 「推敲」を英語で表すには、 「rewrite(改めて再度書く)」を使うこともできますが、「推敲」が持つニュアンスとは多少異なります。 「敲」は音読みで「コウ」、訓読みで「たたく」と読みます。

3
「改稿」の意味は「 完成した原稿を書きあらためること、書き換えた原稿」です。

推敲(すいこう)とは何? Weblio辞書

意味 推敲

動作についてばかり考えていた賈島からすれば、目を開かれる思いがしたに違いありません。

7
のやなどのをとくらべという意味の「」と詩やを書くにおいて、そのについてとして意味の「推敲をる」というとは意味が違うが。 「添」は「そばに付け足すこと」を意味します。

推敲とは

意味 推敲

そんな時、彼は「僧は推す月下の門」という句を思いつき、それを口ずさみました。

推敲の語の例文、使い方 推敲は、のがの書いたやの、をことである。

「推敲」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介するよ!

意味 推敲

彼はロバに乗って試験会場へ向かっていたのですが、移動時間に詩を作っていました。 「正」は音読みで「セイ・ショウ」、訓読みで「ただしい・ただす・まさ」と読みます。

14
ある句ができあがるまでに三年もかかり、できあがったときには涙を流した、という話もあります。

推敲とは

意味 推敲

07 「改稿」「推敲」「添削」「校正」の意味の違いと使い分け 「改稿」「推敲」「添削」「校正」という言葉をご存知でしょうか。 はが多いので、ばでも「私」、「僕」、「わし」、「あたし」、「」などながあるからだ。

14
また、 「推敲」は作家や小説家本人が行う作業に対し、「校正」は編集者や校閲の人が行う作業です。 「推敲」に比べると、論理的な作業で、言葉の誤りや文章力などに注目することはありません。