Sqlserver 関数。 よく使われる日付と時刻の関数 1

SQL Server のユーザー定義のテーブル値関数を作成する

関数 sqlserver

IIF IIF 式, Trueの戻り値, Falsの戻り値• ストアドファンクションの場合には が必要ありませんでしたが、ユーザー定義関数は「関数」であるため、 を指定することが必須となっています。 YEAR, MONTH, DAY ファンクション YEAR ・ MONTH ・ DAY ファンクションは、それぞれインプットの日付の年・月・日の部分を表す整数を返します。 前回の例題として紹介をした誕生日の月ごとの従業員リストを求めるストアドプロシージャを基に、その結果のリストを戻り値として返すユーザー定義関数を作成してみます。

クラス 順位 学生番号 氏名 得点 2 1 8 八郎 79 1 2 1 太郎 75 3 2 4 四郎 75 1 4 5 五郎 73 2 5 9 九郎 72 2 5 3 三郎 72 2 7 10 十郎 70 1 7 2 次郎 70 3 9 6 六郎 68 3 10 7 七郎 59 得点の高い順に並んでいます。

[SQL Server] ユーザ定義関数について

関数 sqlserver

SELECT句に書く場合と同じように記述すればOKです。 No 種類 関数名 説明 1 文字列 ある文字列の右端から、指定した文字数分だけ取得する 2 ある文字列の左端から、指定した文字数分だけ取得する 3 ある文字列の右端から空白を取り除く 4 ある文字列の左端から空白を取り除く 5 ある文字列の中で、特定の文字列を別の文字列に置換する 6 ある文字列の中で、特定の位置から指定した文字数分だけ取得する 7 ある文字列を大文字に変換する 8 ある文字列を小文字に変換する 9 ある文字列の文字数を取得する 10 日付・時刻 システム日付 SQL Serverがインストールされたマシンの日付 を取得する 11 ある日付の年の部分だけ取得する 12 ある日付の月の部分だけ取得する 13 ある日付の日の部分だけ取得する 14 ある日付の一部だけを取得する 15 日付を加算したり減算したりする 16 2つの日付の差を求める 17 変換 データ型を変換する 18 データ型を変換する 19 数値 四捨五入する 20 階乗を求める 21 0から1までの範囲のランダムな数字を求める 22 小数点以下を切り上げる 23 小数点以下を切り捨てる 24 平方根を求める 実際の使用例 ~文字列関数~ 1 RIGHT RIGHT関数は、ある文字列の右端から、指定した文字数分だけを取得します。

15
引数はありませんが、省略不可能である を関数名の後に指定しています。

SQLで順位を取得するRANK()とDENSE_RANK()

関数 sqlserver

ブログ読んでください ブログも書いているのでぜひ!. 第一引数に加算を行う単位 日付の種類 、第二引数に加算値、第三引数に加算対象の日付の3つの引数をとり、計算した結果の日付を戻り値として返します。

10
ここで指定した変数名は、ユーザー定義関数の中ではテーブルとして使用することができます。

ユーザー定義関数を作成するストアドファンクション:SQL実践講座(23)

関数 sqlserver

DATEPART [部分] , [日時] [部分] には、次のような指定が可能です。 例3ではfnSelectBirthdayByMonthが名称です。 第一引数に対象の値を取り、計算結果を戻り値として返します。

3
OVERはwindow関数を使いますよーというサインです。

SQL 関数まとめ編(SQL server向け)

関数 sqlserver

クラスごとの得点順位を取得 次にクラスごとテスト結果順位を取得してみます。 これは、前回使用した一時テーブルと同様に使用することができるメモリ上のテーブルですが、SQL Server上での取り扱いは「変数」です。

7
5 REPLACE REPLACE関数は、ある文字列の中から特定の文字列を別の文字列に置換する関数です。 例えば、U. CAST関数はSQL標準の関数なので別のDBでも使用できますが、SQL Server専用の「CONVERT」という関数があります。

逆引きSQL構文集

関数 sqlserver

第一引数に対象の日付値を取り、年の部分を数値型で戻り値として返します。

14
入力パラメーターには、また本サイトの T-SQL 入門では説明していませんが 「 ユーザー定義テーブル型 」 も指定することができます。

SQL 関数まとめ編(SQL server向け)

関数 sqlserver

出力結果は、以下の通り2,3行目および、4,5,6行目がまとめられて一つの行になります。

10
関数内で宣言したRETURNS句テーブルに関してはUPDATEもできます。