麺 処 にしむら。 麺処 にしむら「鶏白湯らーめん」

麺処 にしむら@大阪市鶴見区

処 にしむら 麺

お店の《笑顔の先に麺がある》というキャッチコピーの通り、終始笑顔の西村さんに惹かれて通われるお客さんも多いでしょうね。 すごいボリュームです! 塩つけ麺にもスナップエンドウが(笑)存在感ありますね!実はいらないかも。 お客さんは以前からの鶴麺時代の常連さんが多いご様子で、 お客さんの中には食べてないときにマスクもせずに、 大声で店主さんと会話している方もおられました。

16
時間が経てばメニューも変わります。 彩りも美しく、味も絶品な『冷やし塩にぼしラーメン』。

『麺処にしむら』: ラーメン 救世主

処 にしむら 麺

しかもこれだけでも美味しいのにまだブラッシュアップを考えているとのこと! ちなみに夏季限定のため、9月以降の提供は売れ行き次第とのこと。 『鶴麺』から『麺処にしむら』に変わって、どんな感じになったのか気になってましたが、そこまで大きな変化はなくて安心しました。

6人待ちでした。

麺処にしむら (大阪府大阪市鶴見区鶴見 ラーメン屋)

処 にしむら 麺

大ぶりの1枚チャーシューがドドンと鎮座し、 穂先メンマと白ネギのトッピング。

20
お店の前まで来てみると・・・・ すんなりと店内に入り、入口横にある券売機に向かいます。 鶴麺では無い、店主の思い込みが勢いよく出ています。

麺処 にしむら@大阪市鶴見区

処 にしむら 麺

実は苦手というSNSを駆使して日々情報発信していますが、これがけっこう話題に。

以前は「つけそば」という名前でしたが、 よりスープの特徴がわかりやすいものになりました。 ものすごくキレイに麺線を見せられるはずと、 何度も持ち上げてしまいました。

PAPUAのぶらり関西発見伝4:【麺処 にしむら】大阪:鶴見

処 にしむら 麺

日曜の12時くらいに到着して、やはり外に行列が!5. 具材のチャーシューは柔らかい食感に丁度良い味付けで肉の旨味がよく味わえます。 『鶴麺』と同じようなラインナップであり、そこからの変化もあり、 またここからが楽しみなお店です。

12
そして周りの方のあまりの注文率に触発されたのが… この豚あえめし!! 注文してから角切りチャーシュガーフライパンであおりを加えられ、 とても香ばしい状態で提供されるボリュームたっぷりの一品。 そして、なにより注目して欲しいのが、店長が最高に面白いこと。

麺処 にしむら

処 にしむら 麺

元鶴麺の西村店長が鶴麺の跡に鶴麺を引き継ぐ形で 独立され、麺処にしむらを5月1日に立ち上げました。

6
麺は中細ストレート麺を使用されており、 冷製スープをよく持ち上げてきます。 ここ数年冷やしラーメンにハマっていていろいろと食べ歩いていますが、このクオリティの高さには脱帽です。

麺処 にしむら「醤油らーめん」

処 にしむら 麺

らーめん、つけ麺の2種で随分悩みましたが、 悩んだ時は券売機の左上!の法則にならい、 『醤油らーめん』と『豚あえご飯』を頂くことにしました。 平打ちストレート細麺にも拘りがあり、バランスの良いらーめんを頂きました。 というのも、他のお店のような単なる営業情報ではなく、歌あり振り付けあり笑いありの大阪らしいノリ! 「友人からSNSによる情報発信は絶対必要と言われた」とのことですが…… 苦手どころか楽しんでますよね(笑) 自身の似顔絵をスタッフ帽子やTシャツにしてますが、これもまた目を引くインパクトあるデザイン! 湯切りをする西村さんの背中には同じく湯切りをするイラストが(笑) 今までの実績に加えてこういった新たな取り組みも評価されて(いるはず笑)、連日並びが絶えない人気ぶり。

15
見た目違っているのは、温玉から味玉への変化と、三つ葉からスナップエンドウに変化したところですかね。 相変わらずの人気店で行列ができていました!! 久々に行くとメニューが変わっているんですね。