サンタ クルス ボクシング。 KOオブザイヤー候補。デービスvsサンタ・クルスの衝撃のKO劇!PBC興行観戦記。

フランプトンがサンタクルス下す、WBAフェザー級

ボクシング サンタ クルス

秋まで経済の悲惨な状態が続くのであれば、この試合は失敗に終わるだろう。

すでに3年前にアブネル・マレス(32=メキシコ)には勝っており、現WBO暫定王者のカール・フランプトン(31=イギリス)とは1勝1敗と星を分けている。 com」は、「タンク(デービス)はトップ・ドッグ(勝者)。

フランプトンがサンタクルス下す、WBAフェザー級

ボクシング サンタ クルス

1月17日、はフランプトンを2016年度のに選出した。

6
ファンはこの試合に80ドルも出さないだろう。

レオ・サンタ・クルスの戦績と強さ・海外の評価「1試合のパンチ1200!」「タンクに通じるか」

ボクシング サンタ クルス

幼い頃から描いてきた夢の舞台に立てることを、非常に嬉しく思います。

com 2019年11月30日• WBAフェザー級/S・フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルスとWBAライト級正規王者ジャーボンティ・デービスの一戦は6R2分40秒KOでデービスが勝利。 ロペス戦後に右肩の手術をしたロマチェンコ、3階級制覇の実績を持つホルヘ・リナレス(35=帝拳)の動向も含め、しばらく目が離せない状況が続きそうだ。

【勝敗予想投票】ガーボンタ・デービスvsレオ・サンタ・クルス秋に大筋合意!

ボクシング サンタ クルス

立ち上がりから強烈なプレッシャーをかけて、最後は右ストレートで沈めた3度目の防衛戦でした。 戦績は39戦37勝(19KO)1敗1分。

12
という中、無理やり上げたS・フェザー級でアブネル・マレスやカール・フランプトンとイチャイチャを続けてきたレオ・サンタ・クルス。

レオ・サンタクルス

ボクシング サンタ クルス

上下への打ち分けも見事です。 タンクはスーパーフェザー級でやった方が圧倒的な強さを魅せれると思うけど、体重超過リスクもありそうだし、、ライト級で因縁のライアン・ガルシアとの試合も見たいし、、とにかく流石メイウェザー の秘蔵っ子らしく目の離せない選手でありますね。 2016年7月30日、でWBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルスと対戦し、12回2-0(114-114、116-112、117-111)の判定勝ちを収め2階級制覇を達成した。

16
戻ってきてもらいたいなあ。

メイウェザーが「俺を超える」と語る王者vs.5階級制覇を狙うチャンプ、間もなくゴング!(林壮一)

ボクシング サンタ クルス

匿名 on ジョーンズが先輩に花を持たせる最低限のパフォーマンスを演じきった試合ですな。 フェザー級から参入してきたオスカル・バルデス(29=メキシコ)との対戦が計画されており、これをクリアするようだとさらなる長期政権が見えてくる。

1
とても彼が誇らしい」と圧巻のKO決着への興奮冷めやらぬ様子が記事では伝えられている。 この両者は3年前に対戦し、激しいパンチの応酬のすえサンタ・クルスが2対0の12回判定勝ちを収めてスーパー王座についている。