要項 意味。 【要綱】と【要項】と【要領】の意味の違いと使い方の例文

「要項」と「要綱」の違いと使い分け

意味 要項

要綱と要項と要領の違い 要綱と要項と要領の意味の違い 要綱と要項と要領の違いを分かりやすく言うと、 要綱は基本的な事項を表現する時に使い、要項は大切な事項を表現する時に使い、要領は物事の最も大切な点を表現する時に使うという違いです。 「綱」は音読みで「コウ」、訓読みで「つな」と読みます。 ということで、正解はイ「要項」でした。

16
下記のように使われることが多いです。 それぞれに細かい意味やニュアンスは異なりますので完全に全てを使い分けるのは難しいかもしれませんが、いくつか適切に使えるように覚えておくと便利でしょう。

「要綱」「要項」「要領」の意味の違い

意味 要項

「要項」と「要綱」の違い 「要項」と「要綱」はどちらも 「大事なことをまとめたもの」という点ではほぼ同じように思えますが、 「項」と「綱」という漢字の違いがありますよね。 法規的なものではないとはいえ、職員はその規程に拘束される。 要領がいい人はビジネスシーン以外でも活躍することができると言われています。

12
例えば、会社を設立した目的の発表や企画の最終目的の発表といった具合に会社では使われているでしょう。

「要綱」「要項」「要領」の意味の違い

意味 要項

正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 例文• 「同じ」は本質的に等しいときに、「同然」は瓜二つであるときに、「同一」は正確に同じときに、「同様」は本質が変化しないときに使い分けられています。

8
今回は「要項」と「要綱」の意味や違いについて、詳しく解説していきましょう。 「条例」は自治体の住民に対して大きな影響を及ぼすものであることから、原則として議会の議決によって定められています。

「要綱」の意味とは?要項・要領との違いや「条例」との関係も解説

意味 要項

それぞれの関係性は、「条例」>「要綱」>「要項」「要領」というようになっており、右へ進むほど具体的になっていきます。 ただ覚えなければならないことは「要領よく」覚えられる人でも、行動に移した途端に、中々コツをつかむことができないこともあります。 「要綱」は事務上のマニュアル 役所での業務では、担当者や対象の違いによる不公平が生じないようにしなければなりません。

趣旨(事を行うにあたっての理由や目的)• 「要項」の類語 主意 (意味:重要な考え方) 「物語の主意を理解しないと」 大旨(おおむね) (意味:大体の内容) 「彼の話の大旨は分かった」 大要 (意味:大事な部分) 「大要を見逃さないようにしなければいけない」 要点 (意味:物事の大事な部分) 「要点を掴めば何となく分かるはずだ」 骨子(こっし) (意味:物事を構成する上で必要な部分) 「案の骨子をしっかりとしておこう」 主旨 (意味:物事の中心となる部分) 「話の主旨を理解しないと分からないままだよ」 要義 (意味:大事な意味) 「企画の要義を考えてみる」 骨髄(こつずい) (意味:もっとも大事な部分) 「論文の骨髄をまとめてみる」 主点 (意味:大事な部分) 「主点を自分なりに解釈してみる」 大意 (意味:物事の大体の意味) 「大意を捉え、自分の言葉でまとめる」 要旨(ようし) (意味:物事の主要な点) 「話の要旨がよく分からない」. 「ようこう」と読みます。 。

要綱と要領の違いとは?要項との使い分けも解説

意味 要項

イ「要項」には「大切な事柄、必要な事項、また、それを記した文書」という意味があり、「試験の募集要項」などと用います。 さらに「要綱」を運用する際に必要となる具体的手順に細分化したものが「要項」であり、「要領」ということです。 「規則」は、法律に基づき、市長(地方公共団体の長)が、法令に反しない範囲で、その権限に属する事務に関して制定できます。

15
場面に応じて正しい使い分けをしましょう。

要綱と要領の違いとは?要項との使い分けも解説

意味 要項

「要領が悪い人」「要領が良い進め方」と言うことはできますが、これらを「要項」の置き換えることはできないです。

13
要説(要点を絞って解説すること、もの)• 一方、契約社員や派遣社員は雇用期間が決まっています。 骨子(要点、主内容)• 「要」は「大事な部分、かなめ」を意味します。

募集要項って何?

意味 要項

物事を処理する方法。

よくある使い方が「 募集要項」です。 「要領がいい」の意味 一つ目の「要領がいい」とは、手際がいいということや、手を抜いたり人に取り入るのが上手いことを意味する慣用句です。

募集要項って何?

意味 要項

要綱の意味 要綱とは 要綱とは、 基本となる大切な事柄を意味しています。 ですが、日常的にはどれも同じように混同して使われていることも多いので、これまで違いを考えたこともなかったという人も多いのではないでしょうか。 表現方法は「参加要項」「募集要項」「大会要項」 要項を使った表現として、「参加要項」「募集要項」「大会要項」「要項の規程により」「要項改正」「要項を満たす」「要項を策定する」などがあります。

16
私たちがよく知っているのは「横綱」「綱引き」の「綱」、「つな」という意味での用法です。