米国 務 長官。 マイク・ポンペオ

米国務長官、中国共産党の脅威「米中競争ではなく、自由と民主を支持する人々への挑戦」

長官 米国 務

同時期に韓国を訪問したポンペオは金正恩体制への反乱煽動などをした北朝鮮の元駐イギリス公使と協議し 、特定の国を対象としたものとしては初めてである北朝鮮を専門とした部署を新設しており 、これに対して金委員長暗殺を目的とした動きとする見方もある。

6
同氏は今週、香港での措置を巡り、中国に対する制裁を発表した。 2017年3月20日閲覧。

米国務長官が実業界に警鐘「香港を中国本土と同じように扱う」 【WSJ厳選記事】

長官 米国 務

JOEL GEHRKER 2014年10月7日. 2017年3月20日閲覧。 4月26日にアメリカ合衆国上院にて57対42で就任が承認され、これにより第70代アメリカ合衆国国務長官に就任 した。

3
問題はその方式だ。 1月20日正午に誰が大統領に就任しようとも、その人物が必要なツールをすべて手にできるようにし、国民の安全を維持する能力が途切れることのないようにする」とコメントした。

米国務長官が実業界に警鐘「香港を中国本土と同じように扱う」

長官 米国 務

その後のに入学してを学び、。 2019年の訪問時に設定されたとの会談はなかったが、ローマ教皇庁に対して中国の宗教弾圧の問題に真剣に取り組むよう申し入れた。

3
大統領選挙の勝者とは関係なく8年間の任期を終えるオバマ政権の当局者らが北朝鮮の核・経済並進路線を批判すると、北朝鮮外務省の報道官は朝鮮中央通信を通じてこのように反論した。

米国務長官が実業界に警鐘「香港を中国本土と同じように扱う」

長官 米国 務

我々の価値と利益を守るため、域内で分裂を助長する中国の行動、特に普遍的人権問題に対する中国の接近法などには単刀直入に対応する。 2017年5月にはアメリカ中央情報局と韓国のが委員長の暗殺を試みたと発表し 、暗殺に関与したアメリカ中央情報局関係者や国家情報院トップの引き渡し と正式な謝罪 を要求した。 共和党の議員らはトランプ氏には選挙結果を争う権利があるとの立場を取っている。

16
「本官」は代理者の本来の公職。

米国務長官も敗北拒否「トランプ政権はまだ続く」

長官 米国 務

ポンペオ氏は、一連の中国共産党による地域の問題は、米国と中国による競争の話ではなく、自由と民主主義を支持する人々に向けられた挑戦だと述べた。 「トランプ政権2期目へ円滑な移行が行われる」とポンペオ国務長官。

8
2018年3月14日閲覧。 このためアメリカ合衆国国務長官の地位は実務的には大統領に次ぐ事実上の行政府ナンバー2に近い扱いである。

米国務長官、「トランプ政権2期目」に言及 民主党は反発(ロイター)

長官 米国 務

2013年1月26日閲覧。 1月23日にアメリカ上院はポンペオのアメリカ中央情報局長官の就任を賛成66・反対32で承認した。

日米豪印外相会合は、「QUAD(クアッド)」と呼ばれる。

米国務長官、中国共産党の脅威「米中競争ではなく、自由と民主を支持する人々への挑戦」

長官 米国 務

Staff 2011年. ロイターは知人らの言葉を借りてブリンケン氏を「外交官の中の外交官」と表現した。

11
またアメリカ合衆国政府の首席閣僚であり、第2条第1節の6の規定に基づき制定されたの定めるところにより、大統領が欠けた場合ので(議長を兼務)・・に次いで第4位に位置付けられており、非国会議員(立法と行政を厳格に分離するのもとでは、閣僚が議員を兼ねることは無い)のなかでは最上位である。 憲法にも明確に定められている」 ここまでのところ、政権移行は円滑ではない。

米国務長官、「トランプ政権2期目」に言及 民主党は反発

長官 米国 務

ポンペオ氏は、トランプ氏が敗北を認めないことが、国務省の海外での自由で公正な選挙への働き掛けを阻害しないかとの質問に対し、「全世界で安全、自由、公正な選挙が行われることに同省は強い関心があり、その徹底を図っている」と答えた。 *FOXニュースとのインタビューを追加しました。

17
長官の発言について、CNNの取材に応じた海外駐在の外交官は「気分が悪くなる」「わざわざ私たちの仕事を台無しにしてくれた」と憤り、別の外交官は「どこまで本気なのか」「実際のところ、信じられないほど恐ろしい」と不安を口にした。 ほぼ同じ時期、父のドナルド・ブリンケン氏はハンガリー大使を務めた。

米国務長官、南シナ海巡りインドネシアと協力へ新たな手段模索

長官 米国 務

当時もオバマ政権は北朝鮮に対して何度か公式・非公式的に外交的交渉を提案し、「探索的対話」というアイデアまで考案したが、北朝鮮が拒否したからだ。 銃器 [ ] の終身 生涯 会員である。

16
アメリカの民主主義モデルを全世界に広める部署を司るこの人物は、10日の記者会見で、先週の大統領選挙で一般投票数でも選挙人の数でも大勝利を収めたジョー・バイデン氏は次期アメリカ合衆国大統領ではない、と発言した。 しかるべき行程が終了すれば、選挙人が選出されることになるだろう。