ゴッド ギャンブラー。 ゴッド・ギャンブラーとは

ゴッド・ギャンブラーとは

ギャンブラー ゴッド

監督・脚本:• とにかく流局あたりまで鳴きまくり、であがる事が多い。

19
カラポン 一鳴き怪獣。

ゴッド・ギャンブラーとは

ギャンブラー ゴッド

金運に強いとされる大変彫りの深い人相をしており、額の大きなホクロがトレードマーク。

東京の賭場で小宮山というヤクザからシンガポールの賭博王シンを倒すことを依頼されるが、勝負を前にして、ナイフ(アンディ・ラウ)、ジェイン(ジョイ・ウォン)、クロールの三人組が仕掛けた罠に誤ってはまり、崖から落ちて記憶を全て失なってしまう。 常に満貫の手を狙い、得意技のウエスタンラリアガリを上がると「ロン・ツモ」のかわりに「ウイー」との声を上げ左腕で牌を倒す。

ゴッド・ギャンブラー大行進|hitoshi kawamura|note

ギャンブラー ゴッド

臥虎藏龍 2000• ドラ夫・ミエ他、片山作品のキャラが多数登場する 2000年4月13日 麻雀やろうぜ! こうした混乱を招いたのは、もちろん真似もパクリも柳の下の泥鰌も大好きな香港映画の体質のせいですが、それに拍車をかけたのが「ゴッド・ギャンブラー」の翌年に公開されたパロディ作品「 賭聖」。 フリ・ゲラー 実在の超能力者がモデル。 握り寿司を牌にして麻雀をする。

7
カンベンしてくださいよ(笑) まあ、それくらい「ゴッド・ギャンブラー」のインパクトが強かったってことでしょうかね。

ゴッド・ギャンブラー

ギャンブラー ゴッド

「王妃の紋章」 2006• しかし、ふとしたことで崖から転落し、頭を打ったショックで記憶を無くした上に、10歳児の知能となってしまう。 CHON CHON(チョンチョン) がモデル。 「狼 男たちの挽歌 最終章」 1989 *カルチュア・パブリッシャーズ版• 勝ち過ぎの金蔵(かちすぎのきんぞう) 非常に神がかり的な強運の持ち主。

13
盲牌麻雀 自分の牌を見ずに盲牌だけで役を作る。 逃亡のさ中に知り合った香港のチンピラ兄妹、シューラッパ(レオン・カーフェイ)とシューギター(ン・シンリン)の助けを借り、台湾へ脱出したコウは、ホイの娘で後継者のトン(チンミー・ヤウ)らと行動を共にする。

ぎゅわんぶらあ自己中心派

ギャンブラー ゴッド

哭きのカバ(なきのカバ) 本名は むうみん。 「賭聖」は映画祭では英題の「オール・フォー・ザ・ウィナー」のタイトルでしたが、ビデオでは「 ゴッド・ギャンブラー/賭聖外伝」。

1
The Children ob Huang Shi, 黄石的孩子 2008• 発売日 タイトル メーカー 対応機種 備考 1987年4月16日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 シリーズ版は1987年7月17日 シリーズ版は1988年11月11日でに対応 1987年11月14日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 2 自称! 1990年 ゴッド・ギャンブラー 完結編• 仲間と共に通しサインをやる事もある。 具体的には以下のようなものがあった(ヤンマガKCスペシャル版単行本収録作品)。

ゴッド・ギャンブラー : 作品情報

ギャンブラー ゴッド

謎のじいさん(なぞのじいさん) 血液型はAB型。

強豪雀士編 ゲームアーツ PC-8800シリーズ 登場キャラクターが16人に増加 X1シリーズ版は1988年2月13日 版はメガで発売 1988年11月11日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 タコ軍団12人、アンチタコ軍団12人の総勢24人が登場する 1988年12月16日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 3 望郷さすらい雀士編 ゲームアーツ PC-8800シリーズ 1989年11月24日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 CDだよ全員集合 激闘36雀士 製作はゲームアーツだが、開発はビッツラボラトリー 総勢36人が登場、フリー対戦、トーナメント戦、タコ討伐戦モードを収録 1990年12月7日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 2 アスミック ファミリーコンピュータ 『』より吉田勝因と番長リキの2名が登場する フリー対戦、勝ち抜き戦、タコ合戦モードを収録 1990年12月14日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 片山まさゆきの麻雀道場 ゲームアーツ フリー対戦のほか、四暗高校を舞台に麻雀で勝ち進んでいく「クラス対抗戦」、麻雀問題に答える「麻雀道場」モードを収録 1992年2月8日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 麻雀パズルコレクション PCエンジンCD-ROM 2 『』を題材にした 風の「ツアーモード」がある 1992年6月12日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 唯一の携帯ゲーム機向けソフト 1992年9月25日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 麻雀皇位戦 パルソフト 1992年12月18日 ぎゅわんぶらあ自己中心派 2 激闘! (第77話「ハローミスタータックスマン」)。