辻井 伸行 ラ カンパネラ。 辻井伸行は実力ない?海外での評価や反応!目が見える可能性は?

フジコ・ヘミングさんの「ラ・カンパネラ」と、辻井伸行さんの「ラ・...

カンパネラ ラ 辻井 伸行

障害者への「同情」を感動とはきちがえ、感動できるじぶんはいい人だと思いたいのかもしれませんが、障害者だからと評価にゲタをはかせるのはひじょうに失礼な差別です。 その蓄積が「演奏」です。

18
音楽に敏感なんだ、と気づきました。

辻井伸行は実力ない?海外での評価や反応!目が見える可能性は?

カンパネラ ラ 辻井 伸行

辻井伸行さんのお母さんは この子は私たち以上の耳をもっている。

13
そして20歳にして ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで 日本人として初の優勝を果たし、 日本を代表するピアニストとして 世界中ににその名を知らしめました。

【ラ・カンパネラ】リストの曲の中でも超絶技巧を要する代表曲|クラシックなひと時

カンパネラ ラ 辻井 伸行

風を感じ、水の冷たさを感じ、光の暖かさを感じる、そんな絵です。

18
パガニーニとリストは同じロマン派時代の演奏家ですが歳は30ほど離れているので(リストが年下)ヴォルトゥオーソとしてはパガニーニは大先輩にあたります。

【ラ・カンパネラ】リストの曲の中でも超絶技巧を要する代表曲|クラシックなひと時

カンパネラ ラ 辻井 伸行

安易で安っぽい「感動」が、この有望な青年の未来をつぶすのです。 (その後、何度か改訂される) リストのピアノ曲の中で最も有名で難曲 パガニーニの曲を編曲した『ラ・カンパネラ』は当然ながらヴォルトゥオーソの名に恥じぬ超絶技巧のオンパレードのような曲です。

9
リストのラ・カンパネラおすめ動画 ここからは『ラ・カンパネラ』の演奏動画をご紹介していきます。

辻井伸行は実力ない?海外での評価や反応!目が見える可能性は?

カンパネラ ラ 辻井 伸行

容姿端麗で且つ確かな演奏技術・表現力を併せ持つユンディ・リは現代のリストのようなものなのかも知れません。 フジ子・ヘミングさんは同曲について「ぶっ壊れそうな鐘があったっていいじゃない、機械じゃないんだから」と語っていたそうです。

14
でも心の目が見えてるので大丈夫です」 と答えたそうです。 私自身、最初は『音楽をきちんと聴いていない』と思っています。

プロの音楽家の方に質問です

カンパネラ ラ 辻井 伸行

彼女の人生から絞り出したような、魂をふるわす音だと思います。 私が好きな「ラ・カンパネラ」は、たいへん古い演奏ですがアルトゥール・ルービンシュタインのものです。 どうしても超絶技巧の要する曲の演奏は機械的な印象になりがちですが、下手に技術を全面に出さずに自分らしさを重要視する味のある演奏に聴こえますね。

世界的に有名な指揮者の 佐渡裕さんは 大量の演奏テープを毎日聞くなか 辻井伸行さんのテープを聞いた際には 「他とは違う」と感じたそうです。 あらゆる演奏家は、楽曲に自分の思いを乗せて表現しているのです。

【ラ・カンパネラ】リストの曲の中でも超絶技巧を要する代表曲|クラシックなひと時

カンパネラ ラ 辻井 伸行

「普通に上手い」 というのは、クラシック音楽では非常に難しい事です。 とのことです。 。

16
辻井伸行さんの演奏は プロの音楽家も認める素晴らしさなのですね。