齟齬 読み。 「齟齬」とは?意味や使い方を「相違」との違いを含めてご紹介

「齟齬」と「矛盾」の違いとは?分かりやすく解釈

読み 齟齬

齟齬の類語9|齟齬と矛盾の違い 「矛盾」とは「前に言ったことと後から言ったことのつじつま・理屈が合わないこと」を指す言葉です。 「齟齬」の使い方と例文 「齟齬」のビジネスシーンでの使い方 「齟齬」はビジネスシーンでよく使われています。

4
認識の齟齬を防止するには? 齟齬の意味や定義、そしてビジネスシーンにおける使い方・使われ方を解説してきました。 とくに営業マンとしてこんな質問を相手にしていては、あなたのイメージは一気にダウンしてしまいます。

「齟齬」の読み方と意味は?使い方や類語・反対語を調査!

読み 齟齬

【NG使用例】 上司:「今日中に書類を提出できる」と君は言っていたよね。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

14
特に、二つ以上の音が同時に響くとき、唸 うな りなどを生じて調和しないさま。

「齟齬」の読み方と意味は?使い方や類語・反対語を調査!

読み 齟齬

二つを合わせると、 「くいちがってかみあわない 」という意味になる。 たとえば、「約束に齟齬がある」の場合は約束した内容が、約束相手との間でずれていることを表す一方で、「約束を反故にする」の場合は約束をそもそもの話として全くなかったことにしてしまう意味となります。 このように、「齟齬」は、話し言葉というよりも、どちからと言うと、書き言葉として使用されることの方が多いように見受けられます。

6
「我々の考え方には、根本的に相違があります」 「彼の証言と事実に相違があった」 「この事件の犯人は家族に相違ない」 「齟齬」と「祖語」の違い 「齟齬」と同じ読みの言葉に「祖語」というものがあります。 齟齬の類語10|齟齬と相違の違い 齟齬と似ている言葉には「相違」があります。

「齟齬が生じる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

読み 齟齬

そして右側は「且」という字です。

7
そのときには、できるだけ親しい人の前で齟齬という言葉を使うように心がけましょう。 音楽用語。

齟齬の意味を簡単に解説!使い方例文あり。

読み 齟齬

この後も、第三者の人目線で「齟齬」の使い方を解説している例文があるので是非参考にしてください。 ・説明不足で相手と齟齬が生じた。

5
「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「歯が互う(ずれる)=くいちがう」という意味になる。

「齟齬」とは?意味や使い方を「相違」との違いを含めてご紹介

読み 齟齬

[名] スル 二つのものの間にちがいがあること。 「齟齬」は「食い違い、行き違い」であり、二者間の意見や認識などの違いについて使われます。 「齟齬」とは、AとBがかみ合わない、ずれているということ。

2
齟齬が起きることを相手に向けて言う場合には「誤解を招く」と言い換えることができます。