中興 化成 工業。 柔軟且低傳輸損失的5G用氟樹脂基板:材料世界網

柔軟且低傳輸損失的5G用氟樹脂基板:材料世界網

工業 中興 化成

此外,中興化成工業也開發了可因應毫米波頻段的硬質CCL,並已開始商業樣品的銷售。 中興化成工業株式会社 Chukoh Chemical Industries, Ltd. 日本中興化成工業著手開拓氟樹脂基板在次世代移動通訊的市場版圖,並且新開發了一項可以因應5G高速通訊毫米波的軟性銅箔積層板(FCCL),具有傳輸損失低、不會造成通訊劣化的特徵,並且能與銅箔強力接著,實現了優異的柔軟性。

7
半導体、自動車、化学、プラント、食品、包装、通信、建築、宇宙など、幅広い産業分野のフッ素樹脂製品を製造。 此外,該公司使用獨家調配的水性接著劑,將氟樹脂與銅箔強力穩固地接合在一起,進而實現了優異的柔軟性,且因為採用了超低粗度銅箔的雙面銅箔積層板,儘可能地達到超低傳輸損失化。

柔軟且低傳輸損失的5G用氟樹脂基板:材料世界網

工業 中興 化成

1963年(昭和38年) 日本ダッジファイバーズ株式会社 設立• 45;-webkit-transition:opacity. 中興化成工業株式會社成立於1963年,資本額一億三千萬日圓,從業人員共有400名。 05 ;box-shadow:0 2px 6px 0 rgba 0,0,0,. 另一款「xCPI—500」是將聚醯亞胺包夾在氟樹脂薄膜之間,並再度以銅箔包覆。

11
2017年(平成29年)• 隨著通訊頻段逐漸趨於高頻化,資訊傳輸量變多,傳輸訊號也更容易轉換成熱能而造成傳輸損失。

柔軟且低傳輸損失的5G用氟樹脂基板:材料世界網

工業 中興 化成

5;color: 565e65;font-weight:700;-ms-flex-positive:1;flex-grow:1;line-height:1. )は、東京都港区に本社を置く、を主とした機能性樹脂加工製品の製造・販売を行う企業。 1985年から環境配慮型プラスチック製品(ブランド名:アミティ )の開発と製造も行う。

9
1983年(昭和58年) 戸塚工場を横浜工場に改称• 2012年(平成24年) 中興サポート株式会社 設立• 除了氟素製品以外,近年來更大力發展矽樹脂相關產品,以其精密的塗佈技術製造各類相關產品。

柔軟且低傳輸損失的5G用氟樹脂基板:材料世界網

工業 中興 化成

中興化成工業此次新開發了2種FCCL,包括「xCCF—500」與「xCPI—500」。 1966年(昭和41年) 戸塚工場 完成 福岡出張所 開設• 2011年(平成23年) 北関東営業所 開設 現地法人 中興化成貿易(上海)有限公司 設立 現地法人 中興化成氟塑制品(常熟)有限公司 設立 バンコク駐在事務所 開設• 625rem;display:-ms-flexbox;display:flex;-ms-flex-align:center;align-items:center;word-break:break-all;padding:10px;-webkit-transition:. 市場情報 略称 CCI 本社所在地 107-0052 赤坂2丁目11番7号 ATT新館10階 設立 (昭和38年) 製造業 事業内容 フッ素樹脂製品、環境配慮型プラスチック製品の製造販売 代表者 代表取締役社長 売上高 158億円 経常利益 14億円(連結・2019年度) 従業員数 542人(グループ計) 394人(単独) 決算期 3月 外部リンク 特記事項:福岡本部:大手門1-1-12 大手門パインビル5階 会社概要 1963年に九州の炭鉱会社中興鉱業 が米国ダッジファイバーズ社から技術導入し設立した日本初のフッ素樹脂専門加工メーカー。

18
2010年 平成22年 粘着テープ専用工場 F4松浦工場 竣工• 目前Sub-6頻段所使用的軟性電路板(FPC)基材主要是聚醯亞胺(PI)或液晶高分子,但毫米波頻段對於能控制傳輸損失,且介電特性更低的材料有更進一步的需求。 2018年 平成30年 F1松浦工場 完成• 現階段中興化成工業已經開始著手進行量產化的試作體制,將新開發的FCCL做為天線或配線材料,加速推動應用於智慧型手機、車載、醫療等各種領域的機器或裝置用途上,並期望在早期達到數億日圓規模的銷售目標。

CHUKOH產品│產品專區│KC GLOBAL

工業 中興 化成

。 。

11

中興化成工業

工業 中興 化成

。 。

18
。 。

中興化成工業

工業 中興 化成

。 。

20
。 。