チェコ 台湾。 チェコ議員団が台湾を訪問…中国は強い不快感を表明[海外の反応]

異例の台湾訪問 チェコ上院議長ら約90人 中国反発 米国評価

台湾 チェコ

親中的な立場を維持してきたイタリアのディマイオ外相さえ、王毅外相との会談で香港問題をわざわざ取り上げ、市民の人権と自由が尊重されるべきだと指摘した。 ゼマン大統領は旧共産党系の左派政党で、ライバル関係にある。

1
締めくくりの言葉は、故ケネディ元米大統領の歴史的演説の「私はベルリン市民だ」をなぞらえて「私は台湾人だ」。 しかし、その一方で中国を「戦略的なパートナー」だともしています。

チェコ・プラハが北京との姉妹都市解消、台北と締結へ 親台派市長「一つの中国」拒否

台湾 チェコ

時期は、台湾総統選の後と具体的に言明。 いっぽう、2020年1月にはプラハ市と台北市は姉妹都市契約を結び、台湾関係の深化は深まっている。

17
これに対し、ゼマン大統領とバビシュ首相はいずれも反対を表明する一方、ペトシーチェク外相は「干渉する意思はない」との立場を明らかにしていた。 派遣に当たり、議会で是非を問う採決の結果、50対1の賛成圧倒的多数を得て、出発の運びとなった。

チェコ議員団が台湾を訪問…中国は強い不快感を表明[海外の反応]

台湾 チェコ

中国は即座に記者会見を開き泣き言を垂れ流すだろうが、彼らにできることはそれ程度さ。 」とした。

7
海外のパネリスト 突如として、チェコが「個人的お気に入り国家ランキング」の上位に急浮上しました。 蔡氏が1月の総統選挙で圧勝し、再選を果たして以降、台湾との関係を拡大する国が増えている。

チェコ議員団が台湾を訪問…中国は強い不快感を表明[海外の反応]

台湾 チェコ

協定書にあった『1つの中国』に関する項目を削除するよう求めていたが、無視されるようになった。

中国について質問されると、「中国はチェコで多額の投資をすると約束したが、ほとんど実現していない」と批判。

チェコ上院議長の台湾訪問がついに実現 「マスクの寄贈に感謝」

台湾 チェコ

今回はチェコ代表団の台湾行きが実現した経緯とその背景について論じてみたい。 そもそも「中国の一部」と主張する台湾に、国交のあるチェコの要人が訪問すること自体に強い不快感がある。

2
」 入国に関してはかなり厳しい条件が課されるにもかかわらずの代表団がこの時期に台湾を訪れるのは、小国ながら、米中対決の結果は見えていると言う判断からでしょう。

チェコ・プラハが北京との姉妹都市解消、台北と締結へ 親台派市長「一つの中国」拒否

台湾 チェコ

プラハ市のフジブ市長は台湾で医学実習をした経験もある親台派。 蔡英文総統 「台湾の人々は皆様の遅い到着を気にしません。

7
また、新型コロナウイルスをめぐって中国が感染源や治療方法に関して、EU域内に大量の偽の情報を流しているなどとする報告書を、ことし6月にまとめ非難しました。 大統領らと面会。