エクセル ドロップ ダウン リスト。 ドロップダウンリストをマウスを使わずキーボードで操作する:Excel

データの入力規則のコピーと貼り付け

ダウン リスト ドロップ エクセル

表示されたボックス内のメニューから「設定」を選択し「入力値の種類」から「リスト」を選択し「元の値」ボックスを表示させます。

14
[データ]タブの[データの入力規則]を選択します。 この時も、選択肢用のデータに見出し(今回の例ではA1番地のセル)がある場合には、 見出しは含めずに範囲選択します。

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All About

ダウン リスト ドロップ エクセル

また後から修正することも考えると面倒ですね。

2
2:入力されている項目をもとにプルダウンリストを作成する 続いて、あらかじめプルダウンリストの項目が他のセル内に用意されている場合の、プルダウンリストの作成方法をご紹介します。 「空白を無視する」にチェックが入っています。

連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する:Excelの基本操作

ダウン リスト ドロップ エクセル

指定した値が含まれるドロップダウンリストから値を選択して入力するようにできます。 「元の値」ボックス内をクリックして選択状態にしたまま、step1で作成したリストのセルをドラッグして範囲を指定してください。 ボックス上部に表示されている3つのメニューでは、それぞれ以下の内容の書式を変更することが可能です。

設定後にプルダウンリストを確認すると、指定したキーワードのセルのみ着色されていることがわかります。

プルダウン(ドロップダウンリスト)Excel入力規則の作成/設定【入力操作・集計作業の効率化】

ダウン リスト ドロップ エクセル

前回は、Excelで勘定科目名をドロップダウンリストから選択する方法を紹介しました。 または、「元の値」の入力欄をクリックし、[F3]キーを押します。 『野菜』を選択し、[Enter]キーを押します。

10
[データの入力規則]を確認して対処する ドロップダウンリストを編集するには、まず[ データの入力規則]ダイアログボックスを表示します。 [OK]ボタンをクリックします。

[EXCEL]2段階プルダウンリストの作り方|EXCEL屋(エクセルや)

ダウン リスト ドロップ エクセル

データの入力規則 ダイアログボックスが表示されます。 A2セルで「パソコン」を選択したら、B2セルでは「デスクトップ」「ノート」が選択でき、 「プリンタ」を選択したら、B2セルでは「インクジェット」「レーザー」が選択できるようにします。 2:入力ミスを防止する 入力規則をあらかしじめ設定しておき、かつ、設定値以外に値が入力された際にエラーメッセージが表示されるようにしておけば、ほとんどの場合入力ミスを防ぐことができます。

16
ドロップダウンリストを使って入力する表とは別のシートに入力しておけば、邪魔にならないのでおすすめです。 3ドロップダウンリストに項目を追加できた リストに項目を追加できました。

[EXCEL]2段階プルダウンリストの作り方|EXCEL屋(エクセルや)

ダウン リスト ドロップ エクセル

セル範囲B7:B8を選択し、名前ボックスに「プリンタ」と入力します。 【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。

7
Sheet2のB2:B13を選択し[名前ボックス]をクリックして、『月数』と入力し、[Enter]キーを押します。

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を解除/削除する|Office Hack

ダウン リスト ドロップ エクセル

入力の手間を省いたり、入力ミスを防ぐためのプルダウンリストなのですが、入力候補が整理されていないために上下スクロールして探し回らなければならない、とか入力候補数が多すぎるために「これだったら手入力のほうが早い」などと思わせてしまったら本末転倒ですね。 リスト(2)も、名前を定義しますが、これは一括で行えます。 データ量が多い場合に適している方法です。

1
このように、プルダウンリストで選択された都府県に応じて市区名のプルダウンリストが変化します。 元の値にリスト化したい項目を入力する 具体的に見ていきましょう。

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を解除/削除する|Office Hack

ダウン リスト ドロップ エクセル

[エラーメッセージ]タブをクリックし、[無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する]のチェックマークを外します。 入力値の種類で「リスト」を選択します。 ここまでがプルダウンリストの基本となっていて、肝心のプルダウンリストを連動させて、選択肢を絞るというのは応用編となります。

14
項目数が多くなる場合の便利な方法 ここまでで、性別の欄については完了しましたが、職業の欄では冒頭の画像のように多くの項目があります。 [元の値]の入力欄で矢印キーを使ってカーソルを移動したいときは、[F2]キーを押して編集状態にしてから操作してください。