親和 銀行 atm。 合併に伴う重要なお知らせ

十八親和銀行の年末年始(2020

銀行 atm 親和

(ただし建物内は撮影禁止) 営業拠点戦略 佐世保市が本拠地の同行であるが、県内経済の中心地で同行経営戦略上の最重点地域である圏および九州最大の経済規模であるを重要な市場と捉え、従来から「長崎支店」に「長崎地区本部」、「福岡支店」に「福岡地区本部」という本部組織の出先機関を置いていたが、(平成19年)7月1日付で両地区本部を廃止した。 概要 (明治30年)、 第九十九国立銀行として創業し、 佐世保銀行への改称を経て、佐世保商業銀行との合併時、 親和銀行と商号変更をした。

12
(平成15年)4月1日 - 九州銀行を吸収合併(存続行は親和銀行)。

手数料・利用時間

銀行 atm 親和

- 30歳以上の個人の方を対象とした「親和銀行」の取り扱いを開始(本カードはグループ会社のFFGカードが発行を担当。 - 同じく佐世保市に本店を置くのと持株会社方式による経営統合で合意。

18
- コンビニATMと提携。 また、他行カードについても一部の金融機関において、ご利用可能日・ご利用時間帯が異なる場合がございます。

十八親和銀行(旧親和銀行)ATM |イオン銀行ATMなら平日日中お引出手数料0円

銀行 atm 親和

土曜日• ただし、合併前の親和銀行 の通帳のうち、(平成5年)以前に発行された通帳(口座番号欄が手書きで表示されているもの)については、先述の普通預金通帳等であっても一切の強制切替の対象となる。

4
- 取引内容をポイント化し、合計ポイントに応じてATM時間外手数料無料・ローンの金利優遇などが受けられるポイントくらぶ「マイバンク」の受付開始。

十八親和銀行

銀行 atm 親和

- クレジット一体型キャッシュカード「アレコレカード」の新ラインナップとして、の「」との一体型カード「arecore SUGOCA(アレコレSUGOCA)」の受付を開始(種類はクラシックとゴールドの2タイプ、福岡銀行発行分・熊本銀行発行分と基本デザインは同一で、左下にある銀行ロゴが異なる程度である)。 - FFGグループ内におけるATM相互入金サービスの開始により、当行ATMで福岡銀行・熊本ファミリー銀行(現・熊本銀行)のキャッシュカードによる預け入れや福岡銀行・熊本ファミリー銀行(現・熊本銀行)ATMで当行キャッシュカードによる預け入れが出来るようになる(いずれも3行以外を幹事行とする共同ATM等およびコンビニATMを除く)。 他都道府県では東京支店以外が全廃された。

15
- この日の営業をもって大分中央支店廃止(小倉支店に統合)。

十八親和銀行の年末年始(2020

銀行 atm 親和

ATMに異常が発生した場合は、ATMに設置されているオートフォンにてお知らせください。

5
同じく九州()に本社を置くの とは一切無関係である。

合併に伴う重要なお知らせ

銀行 atm 親和

これに伴い• - 傘下の完全子会社となる。 ATMやインターネットバンキングにおける他行宛振込については、手続きの際に、振込先の「銀行名」「支店名」「口座番号」に加えて、 「受取人口座名義」を入力する必要があります。

13
, ふくおかフィナンシャルグループ:2010年9月15日付けニュースリリースより• 2016年3月6日閲覧。 (平成14年) - 新たに設立された株式会社の完全子会社となる。

十八親和銀行の年末年始(2020

銀行 atm 親和

(平成20年)• また、システム変更に伴い、個人向けの『親和銀行ダイレクトバンキング』では・外貨定期預金の購入や住宅ローンの一部返済・金利変更等(対象外の場合あり)が自宅で可能となった。

18
- 持株会社・九州親和ホールディングスが自力再建を断念。

合併に伴う重要なお知らせ

銀行 atm 親和

2017年10月18日閲覧。 - 同行のオンラインシステムを、福岡銀行・との共同利用型基幹システムへ移行(これに先駆け、前年以降には一部支店の店番が変更された)。 - と相互無料提携を開始。

例示すれば、北九州市では旧九州銀が市内各所に積極的に出店を進め、それを親和銀が引き継いでいたが、経営再建・FFG入りに伴い次々と閉店となり、最終的には小倉支店のみとなった。

十八親和銀行

銀行 atm 親和

代わって「長崎支店」を「長崎営業部」、「福岡支店」を「福岡営業部」として改組し、対内的にも対外的にも両営業部が長崎・福岡地域の経営母店であることを明確にしている。

4
(平成10年) - 宝飾品販売会社に対する53億円に上る不正融資事件 暴力団のとされる で、辻田徹前頭取(元長崎県)らを容疑で逮捕(事件は辻田頭取の女性問題に端を発したとされる)。 今後、の決議や関係当局の許認可の取得等を前提に2020年10月に当行が十八銀行と合併し、 十八親和銀行を新たに発足する予定である (FFGと十八銀行の経営統合及び合併については2016年 平成28年 2月に発表された時点では2017年 平成29年 4月に経営統合、2018年 平成30年 4月に合併 される予定だったが、の審査が長引いた影響で、経営統合が2年、合併が2年半それぞれ遅れて実施されることとなった)。