建築 基準 法 43 条 2 項 2 号。 福岡市 建築基準法上の道路扱いについて

法第43条第2項第1号認定及び第2号許可

項 号 43 基準 建築 法 2 条 2

昨今、窓口での道路相談件数や相談カードの提出件数が増加傾向であり、相談カードの回答に時間を要しております。 三 その敷地が、その建築物の用途、規模、位置及び構造に応じ、避難及び通行の安全等の目的を達するために十分な幅員を有する道路であって、道路に通ずるものに有効に接する建築物であること。

2
1 河川法上の河川、または水路等の法定外公共用物。 [PDFファイル/90KB] 申請の手続き 1 事前相談 上記認定(許可)基準に該当すると思われる敷地で建築基準法第43条第2項の適用を受けたい場合は,建築指導課に事前相談を申し込んでください。

「43条ただし書き規定」から「43条2項1号・2号」へ

項 号 43 基準 建築 法 2 条 2

[PDFファイル/42KB]• )第10条の3第1項、第2項及び第3項を満足し、次の認定基準を満たす必要があります。

10
関連情報• 土地の登記簿・要約書• 配置図• 以下「法」という。

山口県/建築指導課/建築基準法・建築基準法第43条第2項に基づく認定及び許可について

項 号 43 基準 建築 法 2 条 2

法第43条第2項第2号の規定による許可基準一覧 基準 概要 建築審査会包括同意基準1 広場等に接する敷地に建築する建築物 建築審査会包括同意基準2 公的機関等が管理する幅員4m以上の道に接する敷地に建築する建築物 建築審査会包括同意基準3-2 都市計画法第37条の規定に基づく制限解除を受けた建築物、土地区画整理法第76条の規定に基づく許可を受けた建築物その他これらに類するもの 建築審査会包括同意基準3-3 平成11年5月1日において現に存在する路線型の道等に接する敷地に建築する建築物 「空地幅員1.8m以上、中心後退2m以上」 建築審査会包括同意基準3-3の2 平成11年5月1日において現に存在する専用型の通路の終端等に接する敷地に建築する建築物 「空地幅員1.5m以上、かつ、延長20m以下」 建築審査会個別同意基準3-4 平成11年5月1日において現に存在する路線型の道等に接する敷地に建築する建築物 「空地幅員0.9m以上1.8m未満、中心後退2m以上」 建築審査会個別同意基準3-4の2 平成11年5月1日において現に存在する専用型の通路の終端等に接する敷地に建築する建築物 「空地幅員0.9m以上、かつ、延長15m以下」 建築審査会個別同意基準3-5 平成11年5月1日において現に存在する路線型の道等に接する敷地に建築する建築物 「空地幅員0.9m以上、中心後退1. 一 その敷地が幅員四メートル以上の道(道路に該当するものを除き、避難及び通行の安全上必要な国土交通省令で定める基準に適合するものに限る。

4
二 令第百四十四条の四第一項各号に掲げる基準に適合する道 (道路位置指定基準に適合する道)であること。

法第43条第2項第1号認定及び第2号許可

項 号 43 基準 建築 法 2 条 2

掲載日:2020年3月3日 法第43条第2項第1号認定及び第2号許可 注意事項(はじめにお読みください。 ) 必要書類一覧 必要書類 備考 案内図 相談対象の道及び敷地を朱書きで明示してください。 (第3号) これらをふまえた上で、大津市の具体的な許可基準を定めています。

手続きについては、「福岡市建築物の敷地と道路との関係の建築許可運用基準手続き要領」をご確認下さい。 徳島市では、許可事務の迅速化を図るため、 建築基準法第43条第2項第2号許可に関する基準 注2 を定めています。

建築基準法第43条第2項規定による建築とは?|不動産の仲介で気をつけるポイント

項 号 43 基準 建築 法 2 条 2

また、一定の許可基準を満たす建築物は「建築審査会における包括同意取扱い」(包括同意基準)として一括して建築審査会の同意を得ており、迅速な事務処理を図っています。 法43条2項2号(旧法43条1項ただし書)許可、法43条2項1号認定について 建築基準法第43条第1項では、建築物の敷地は建築基準法による道路に2m以上接していなければならないと規定されています。

2
従前許可だったものの内容の一部が、『認定』になるイメージですね。 (「」をご参考ください。

建築基準法第43条第2項について

項 号 43 基準 建築 法 2 条 2

(第1号)• 4 略. 関連ファイル 第2項第1号認定関連• この例外として、当該規定に適合しない敷地であっても、法第43条第2項第2号(旧法第43条第1項ただし書)の規定により、一定の基準に適合する建築物で、千葉市長が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて、建築審査会の同意を得て許可した場合においては、建築することが可能となります。 認定制度】法第43条第2項第1号認定の取扱いについて 敷地が幅員4メートル以上の道(農道や道路位置指定の基準を満たす通路等)に2メートル以上接する建築物のうち、延べ面積が200平方メートル以内の一戸建ての住宅で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるものが、認定制度の対象となります。

2
また建て替えの許可を得られる場合でも、建物に高い防火性能を求められたり、階数に制限が付加されたりすることがありますから、 建築条件を正確に把握する必要があります。 ) 法敷等は、「幅員」に含めることができないのでご注意ください。

建築基準法第43条第2項第2号許可について/大津市

項 号 43 基準 建築 法 2 条 2

)第43条第1項の規定により、建築物の敷地は原則として道路に2メートル以上接しなければなりません。

7
一 その敷地の周囲に公園、緑地、広場等広い空地を有する建築物であること。 なお,認定は延べ面積が200平方メートル以内の一戸建ての住宅に限ります。