駿河 湾 フェリー 時刻 表。 千鳥観光汽船株式会社 │ クルージング

時刻表

湾 フェリー 表 駿河 時刻

個人のお客様• ベイプロムナード(193t) 清水港内遊覧双胴船「富士山清水みなとクルーズ」(平成3年建造) オーシャンプリンセス(240t) 清水港内遊覧帆船(平成7年購入) フェルケル(18t) 清水港内定期運航「水上バス」(平成3年建造) ケー・エス(15t) 清水港内定期運航「水上バス」(平成元年建造) かしわ丸(12t) 清水港内不定期運航「水上バス」予備船 ドーントレッダー(132t) 研修用帆船 ふじ(22t) 国土交通省御前崎事務所 監督測量船 まさき(19t) 国土交通省清水港湾事務所 清水港湾業務艇 富士(1,554t) 清水港-土肥港間運航カーフェリー 「駿河湾フェリー」(平成17年建造) 沿革 富士山清水港クルーズ株式会社は、「安全快適な船旅をお客様へ提供するとともに、公共交通機関としての役割を果し、広く社会の人々に貢献する。 こちらは右舷側になります。

こちらもグループ利用向きではあるものの、テーブルが3つあるので、少人数グループでも使えるところがうれしいですね。 そして、特別室の後ろには専用デッキがあり、いくらかテーブルや椅子が設置されています。

千鳥観光汽船株式会社 │ クルージング

湾 フェリー 表 駿河 時刻

車両甲板 出航後は、車両甲板へは戻れません。 必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 ゴミ箱• 従来の県道標識を意識してるのもあり、富士山と駿河湾フェリーが小さく描かれています。

この日も5〜10人ぐらい利用者がいて、意外と利用されているチケットなのですが、購入すると紙のチケットでなく、このようなものを渡されます。 函館〜青森 (津軽海峡ロード)• ちなみに船内で喫煙できるのはこのデッキにある喫煙所付近だけです。

【駿河湾フェリー(土肥港ターミナル)】予約・アクセス・割引クーポン

湾 フェリー 表 駿河 時刻

」との経営理念に基づき、安全は社会への責務であるとの認識の下、「安全最優先」の社風の徹底を図るため、安全方針を以下のとおりとする。 「たこぽん栗田屋」のたこ焼きが超美味しい! たこぽん栗田屋 駿河湾フェリー店 後方デッキにある たこやきの屋台。 正式な路線名は「県道223号清水港土肥線」。

16
青森フェリーターミナル• 伊豆の渋滞を避けることができ、スムーズに 移動ができます。 この屋台、飛ぶように売れていて入港間近でも焼けるのを待っている人がいました。

航路・時刻表|津軽海峡フェリー株式会社

湾 フェリー 表 駿河 時刻

駿河湾フェリーは静岡市の清水港から駿河湾を横断して伊豆半島の土肥港までを1時間弱で結んでいる航路です。

4
すなわち、青春18きっぷと伊豆ドリームパス。 1階デッキは、ずっと賑わっているので、のんびりデッキで過ごしたい方はここが丁度良いかも。

駿河湾フェリー

湾 フェリー 表 駿河 時刻

あとは申し訳程度に小型テレビがありますが・・・。

船内売店横には12席だけのグループ向けの席もございます。 ご利用方法 駿河湾フェリー清水港のりばでも 東海バス全線フリーきっぷが購入できるようになりました! デッキは階段を登って上のデッキにも行くことができます。

富士山清水港クルーズ株式会社とは

湾 フェリー 表 駿河 時刻

ということで、今回は駿河湾フェリーの富士につきまして紹介させていただきました。 船内売店(フェリーズカフェ。

13
函館〜大間 (ノスタルジック航路)• アイスジェラート・飲み物・土産物など販売)• グループ客向けのソファー区画ですね。 なお、航海中の車両甲板への立ち入りは法律により禁じられています。

駿河湾フェリー「富士」乗船記[Advectionfog]

湾 フェリー 表 駿河 時刻

継続的改善の繰り返しで問題解消 安全重点施策 安全方針に基づき、これを具体化するための安全重点施策を以下のとおりとする。 最初ここにいましたけど、特別室のほうが快適だったので、後半は特別室に行きました。

2
今回もはるか遠くの南太平洋から1ヶ月以上かけて来たようでした。

千鳥観光汽船株式会社 │ クルージング

湾 フェリー 表 駿河 時刻

この日はオーストラリは北西部のKarrathaからの輸入のようでした。 ちなみに、土肥港行に乗った場合は富士山とこの県道標識を絡めて撮影することができます。

16
2019年1月現在、1日4往復運航(特定日はこの限りではない)されており、船上から富士山や夕陽(秋~翌年春にかけて)を眺めることができます。

千鳥観光汽船株式会社 │ クルージング

湾 フェリー 表 駿河 時刻

夕陽を眺めるのならば当たり席ではあります。 運がよければ、イルカの群れに遭遇することもあるらしいです。

11
) このたこ焼き、フェリーに乗るたびに必ず食べてしまう。