小田急 江ノ島 線 路線 図。 小田急電鉄 江ノ島線 路線図

江ノ島電鉄の路線図

線 路線 江ノ島 図 小田急

小田急箱根クイズラリー号 に運行。 2008年7月 - 8月、多摩線唐木田駅 - 小田原線新百合ヶ丘駅経由 - 片瀬江ノ島駅間にて運行される。

13
なお後述のとおり先代の「通勤準急」はその後「準急」に名称変更して現代に至っており、2018年3月17日のダイヤ改正でその「準急」が53年ぶりに元の種別名に戻った。

小田急電鉄 江ノ島線 路線図

線 路線 江ノ島 図 小田急

メトロ湘南マリン号 東京メトロ千代田線から片瀬江ノ島駅に直通する臨時特急として、2010年7月24日・31日・8月7日・14日の各土曜日に運行。

通勤急行(2代) [ ] のダイヤ改正で設定された種別(運転開始は3月19日)。 (急行運転の復活) 新宿駅・下北沢駅・稲田多摩川駅(現・登戸駅)・新原町田駅(現・町田駅)・本厚木駅・伊勢原駅・鶴巻駅(現・鶴巻温泉駅)・大秦野駅(現・秦野駅)・渋沢駅・新松田駅・小田原駅。

小田急小田原線

線 路線 江ノ島 図 小田急

- 廃止まで 相模大野駅・藤沢駅・片瀬江ノ島駅 湘南急行 [ ] は、2002年3月23日から2004年12月10日まで存在した種別である。 1946年10月には「小田原直通」の停車駅に成城学園前駅を加えた「準急」が新設され、実質的な後継列車となった。

5
- の姉妹鉄道であるにちなむ「レーティッシュカラー」の編成は4両編成の列車で、その他の編成は6両編成、8両編成、10両編成の列車で運用。

小田急江ノ島線

線 路線 江ノ島 図 小田急

のダイヤ改正で、小田急側は快速急行の本数が1時間に3本に増加し、利便性は向上した一方で、所要時間はJRが49 - 51分、小田急の快速急行が56 - 58分と、少々延びている。 平日全日の千代田線との相互直通運転が再開。

4
(昭和16年)• 朝上り方面限定での運行。 (3年) 土曜・休日ダイヤ導入。

小田急小田原線

線 路線 江ノ島 図 小田急

(運転開始日は3月19日) 本厚木駅 - 登戸駅・成城学園前駅・経堂駅・下北沢駅・代々木上原駅からの各駅。 この改正で平日の片瀬江ノ島駅発着は廃止され 、停車駅にが追加された。

20
メール• 神中鉄道の本厚木駅直通運転中止。

江ノ島電鉄の路線図

線 路線 江ノ島 図 小田急

- 地下鉄千代田線・JR御殿場線乗り入れ対応。

6
しばらくはを走るが、高架区間に入ると水田地帯に入り、右手にはが、左手には街やまで見渡せるほど視野が開ける。 臨時列車 [ ] 江ノ島線直通の臨時列車は「」も参照。

小田急江ノ島線の混雑―朝と夕方は乗車率はいくつになる?

線 路線 江ノ島 図 小田急

(平成14年) とを新設。

16
B-1グランプリ号 2010年9月18日・19日厚木市での開催に合わせ、新宿駅 - 本厚木駅間で運行。