自立 活動 教材。 平成29年度 教材集 ~教員による自作教材・教具集~

県立いなみ野特別支援学校 支援部 自立活動~教材・教具の紹介 2

教材 自立 活動

(この教材・教具の特徴) 大きめのペットボトルを材料にしたビー玉入れです。 児童・生徒への指導の経過及び変容、今後の予定等 ・適度な揺れで、骨盤や股関節をゆるめた。 13. 教材名 魚でGO! 作製にあたって工夫した点 ・椅子の下のカーブが黄金比率となっているので、適度な揺れを感じられる。

20
児童・生徒への指導の経過及び変容、今後の予定等 ・型のパターンを増やして、対応できる形を増やす。 広口のビンでは納得してくれないようなお子さんの意欲を活かせる補助具です。

自立活動・基礎学習の2

教材 自立 活動

100円ショップ(ダイソー)の「バランストーテンポール」とゴムの木の板(別のものでもOKです。 作るのが簡単なのが特徴です。

19
S棒の上を歩く。 また、玉入れが楽しくできるように玉を入れると音がするなどの工夫も必要です。

自立活動・基礎学習の2

教材 自立 活動

管にひもを通した後は、そのひもの先端を引かなければなりません。

18
児童・生徒への指導の経過及び変容、今後の予定等 ・普通のバットだと重くて持てなかった生徒でも、ペットボトルを使用して軽量化を図ったため、扱うことができた。

自立活動教材

教材 自立 活動

これは、子どもたちが上手にコインを入れられなくて、机の下にコインを落としてしまったりして活動が中断されるのを防ぐためです。

十字に切った厚画用紙の部分を内側に押し込んで右の写真のようにすればビー玉等を入れやすくなります。 作製にあたって工夫した点 ・パネルに紐をつけて首にかけられるようにすることで、教員が両手を使って教材を提示できるようにした。

自立活動教材

教材 自立 活動

(この教材・教具の特徴) 枝のように出ている丸棒からパイプを抜き取る活動になります。

20
・歌詞にある果物だけでなく、好きな食べ物を食べさせるなど、活動が広がった。

県立いなみ野特別支援学校 支援部 自立活動~教材・教具の紹介 2

教材 自立 活動

左の2枚の写真が「1」です。 ・楽しみながら手を使えるように、今後も継続して取り組んでいく。

13
コインを落とすたびに活動が中断されては、お子さん達の集中力は続きません。

県立いなみ野特別支援学校 支援部 自立活動~教材・教具の紹介 7

教材 自立 活動

(この教材・教具の特徴) 親指と人差し指を使ってものをつまむことを練習するものです。 あえて違う色のキャップを指定してはめるなどの裏ワザもあります。

11
私達大人にとってはリング抜きはすぐにできるものですが、障害の重いお子さんの場合、リングを抜くということがなかなかできないで、リングを持って抜く動作をしないで横に引っ張ってリングをとろうとします。 ペットボトルよりも二回り以上は大きいので、お子さん達にはこちらの方が使いやすいかもしれません。

自立活動教材

教材 自立 活動

) キャップをはめる動作は、ボール等を穴に入れる・ペグをさす・ペグを抜くなどの活動よりも、ずっと難しい手指の微妙な使い方が要求される課題になります。 18 ・第1自立活動室 起立訓練用 訓練中、不測の事故が起きるのを防止する。 大人がやれば簡単に積み上げることができますが、障がいのあるお子さんがやるとかなり難しい課題になります。

17
) (学習時の使い方) 初めは好きなように紐通しを行うようにします。 また、木の球を入れるとカランと音がするので扱いやすいでしょう。

平成29年度 教材集 ~教員による自作教材・教具集~

教材 自立 活動

)、つかんだものをすぐ投げる子の場合を考えて、ビー玉よりも投げた場合に木の柔らかい球のほうが安全性が高いという理由です。 (材料・道具・作り方) 靴を入れる箱(靴のサイズは25㎝。 このディスクは、円盤を通す棒に枝状の突起があるため、円盤を棒に通すだけでなく、円盤を回転させて穴の左右の切り込みで棒の枝の部分を通さなければなりません。

8. 教材名 ゆらゆら椅子 学部 中学部 教育課程 自立活動を主とする教育課程 教科 自立活動 単元名等 バランスをとって座ろう ねらい等 ・身体を支えながら揺れ刺激などで立ち直り反応を活性化させる。