フルボキサミン マレイン 酸 塩。 フルボキサミンマレイン酸塩錠25mg「アメル」の効果・用法・副作用

フルボキサミン:デプロメール

マレイン 酸 塩 フルボキサミン

患者の状態及び病態の変化を注意深く観察するとともに、これらの症状の増悪が観察された場合には、服薬量を増量せず、徐々に減量し、中止するなど適切な処置を行うこと。 5.家族等に自殺念慮や自殺企図、興奮、攻撃性、易刺激性等の行動の変化及び基礎疾患悪化が現れるリスク等について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うよう指導する。

2
25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。 小児等への投与• ピモジド(オーラップ): ピモジドの血中濃度が上昇又は半減期が延長することにより、QT延長、心室性不整脈(torsades de pointesを含む)等の心血管系の副作用が発現するおそれがある。

フルボキサミン:デプロメール

マレイン 酸 塩 フルボキサミン

うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような患者は投与開始早期並びに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること。 眼内圧亢進• 不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏、軽躁、躁病等があらわれることが報告されている。

18
脳内セロトニン濃度が高まるためと考えられる。

フルボキサミンマレイン酸塩錠25mg「サワイ」

マレイン 酸 塩 フルボキサミン

なお、よく効いてくるまでに、2~3週間以上かかることがあります。

6.脳器質的障害又は統合失調症素因のある患者[精神症状を増悪させることがある]。 ] 脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある患者[精神症状を増悪させることがある。

医療用医薬品 : フルボキサミンマレイン酸塩 (フルボキサミンマレイン酸塩錠25mg「YD」 他)

マレイン 酸 塩 フルボキサミン

なお、これらの症状は、薬物離脱症状として報告される場合もある。 セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの• 小児 その他 妊娠中・授乳中・子供の使用 妊娠中、授乳中も使用前に医師・薬剤師に相談してください。

13
本剤は、肝臓で酸化的に代謝されるこれらの薬剤の代謝を阻害し、血中濃度を上昇、血中半減期を延長、又はAUCを増加させることがある。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。

フルボキサミンマレイン酸塩錠25mg「アメル」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

マレイン 酸 塩 フルボキサミン

2.過量投与時の処置:特異的な解毒剤は知られていないので、直ちに胃洗浄を行い、直ちに対症療法を行う(活性炭の投与が推奨されるが、強制排尿や透析はほとんど無効である)。 2.本剤の小児に対する有効性及び安全性を検証するための試験は行われていない。 循環器: 頻度不明 動悸、血圧上昇、頻脈、低血圧、起立性低血圧、徐脈。

飲み始めの胃腸症状に対しては、吐き気止めや胃薬で対処可能ですから 医師と相談してください。

該当成分の製品(後発品) & 薬価

マレイン 酸 塩 フルボキサミン

SSRIの投与により血小板凝集が阻害され、これらの薬剤との併用により出血傾向が増強することがある。

2
L-トリプトファン( アミノ酸の一種)を含むもの<大豆、カゼイン、かつお節、小麦、豆腐 など>• John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品 セロトニン症候群等のセロトニン作用による症状があらわれるおそれがあるので、減量するなど、観察を十分に行いながら慎重に投与すること。