小泉 環境 相。 小泉環境相、ガソリン車の販売禁止「半ばと言うなら35年とすべきだ」

夫婦別姓「反対する理由ない」 小泉環境相|静岡新聞アットエス

環境 相 小泉

蒸気を噴出していていかにも地熱発電ができそうな「硫黄山」の写真と共に、「阿寒摩周国立公園」内の「湯川」という温泉が流れる川について下記のようなことを書いている。 日本はまたも原子力をCDM(クリーン開発メカニズム)に加えるという選択肢を捨てることを拒否した。

19
これは月曜日の国連気候会議で、自らの都市・京都で合意された議定書の継続を妨げたことによるものだ」(2010年) 震災から学んでいないのかとの指摘 「およそ7か月前、日本はかの国の歴史上、最も恐ろしい悲劇のひとつを経験した。

小泉環境相答弁は「ふまじめ、不誠実」 国民・大塚参院会長が批判

環境 相 小泉

(水戸部六美). 経済産業省が10日に自動車メーカー関係者らと協議した後、正式決定する見通し。 「海外と比較しても高い水準だ。

14
都内の視察先で記者団に米大統領選の受け止めを問われて答えた。 しかし、本人は自身のブログに当該記事のリンクを張って「ぜひ読んでみてください」としているので、自信を持ってこの説を唱えている。

脱炭素達成、政府目標の前倒しに意欲 小泉環境相:朝日新聞デジタル

環境 相 小泉

小泉氏は30日にあった「ポスト・コロナ社会」を話し合う未来投資会議で「(政府目標を)前倒しして50年に脱炭社会をめざすべきだと提言した」といい、今後、政府の統一見解にすべく「あらゆる場を通じて働きかけていく」と述べた。 環境相が経済産業省が所管する容量市場に言及するのは異例といえる。 梶山弘志経産相は4日の会見で「電動化に伴う自動車産業全般の支援のあり方を含め、しっかり検討したい」と述べた。

5
ネガティヴな賞に対して環境相は…… 「化石賞」(Fossil Award)とは、COPや国連気候変動交渉会議の会期中、温暖化対策に対する姿勢が積極的でない国に対して授与される賞で、映画界でいうゴールデンラズベリー賞=ラジー賞のような皮肉が込められたものだ。 小泉氏は「仮に(民主党の)バイデン候補が勝てば(パリ協定に)復帰をされる。

脱炭素達成、政府目標の前倒しに意欲 小泉環境相:朝日新聞デジタル

環境 相 小泉

半ばと言うなら35年とすべきだ」と述べ、販売禁止の時期を具体的に示さなければ理解は得られないとの見解を示した。

8
小泉氏が植えた苗は約2・5メートルの赤い菊に、河野氏のは2・3メートルほどの白い菊に育ち、担当者は「どちらの菊も甲乙つけがたい」と語っていた。 国民民主党の大塚耕平参院議員会長は20日の記者会見で、新型コロナウイルスに関する政府対策本部の会合を小泉進次郎環境相ら3閣僚が欠席したことについて「論外だ。

小泉環境相「バイデン氏なら…」パリ協定の米復帰に期待

環境 相 小泉

本当に? 日本はアメリカ政府とともに原子力と石炭火力を促進しようとしている。 (参照:Climate Action Network International) 「昨日、12月11日は京都議定書の誕生日だった。

9
ガソリン車の販売禁止を巡っては、欧米や中国など自動車の巨大市場で販売規制が先行する。 (50年と明示した)カーボンニュートラル(温室効果ガスの排出実質ゼロ)への本気度を示すなら、明確に年限を切るべきだ」と主張した。

小泉環境相答弁は「ふまじめ、不誠実」 国民・大塚参院会長が批判

環境 相 小泉

石炭火力発電については口をつぐみながら、皮肉の込められた賞にトンチンカンなコメントを発してしまった小泉環境相。 来年から本格的に始まる「パリ協定」を前に地球温暖化対策を議論する会議だが、その裏で日本が「化石賞」なるものを受賞したことが話題となっている。 福島の原発事故は原子力が安全でクリーンだという神話を破壊した。

18
気候変動の根元に気候変動ファイナンスを使うのには悪臭がする」(2014年) 「日本が汚い石炭政策を続けるなら、次々化石賞が舞い込むだろう。 容量市場は再エネを含めた電力小売事業者が発電事業者の4年後の供給力に対して費用を負担する仕組み。

夫婦別姓「反対する理由ない」 小泉環境相|静岡新聞アットエス

環境 相 小泉

大塚氏は「野党の質問に『お望みなら何とか』と答えていたが、ああいうふまじめな答弁はやめたほうがいい。 小泉進次郎環境相と河野太郎行政改革担当相は7日、東京・新宿御苑を訪れ、環境省主催の「菊花壇展」を昨年11月に引き続き一緒に鑑賞した。

11
全国政治の記事一覧• 一部で認めるが、資源エネルギー庁の報告書などは規制で整備できない場合があると指摘していた。

夫婦別姓「反対する理由ない」 小泉環境相|静岡新聞アットエス

環境 相 小泉

令和6年度に必要な容量の初入札は7月に行われ、落札結果は国が設定した上限価格に近い1キロワット1万4137円だった。

19
今年7月末時点で148自治体、そこに住む人も計6997万人と日本の総人口の半数を超えている。