麻雀 大 車輪。 麻雀のローカル役

大車輪 -奥深き麻雀ローカル役-

大 車輪 麻雀

詳細は「」を参照 筒子の2から8までを2枚ずつ使った門前を役満としたもの。

15
筒子の1から7で作ったもの• フィクションでの扱い [編集 ] の『』には、主人公爆岡が大車輪を和了るシーンがある。 清盃口 [ ] 清盃口(ちんぺーこー)は、を構成する二翼の面子部分がそれぞれ同じ数字だった時に成立する役。

大車輪 (麻雀)とは

大 車輪 麻雀

また、高橋雄一郎著の読み切り漫画でも登場し、雀荘で旧役扱いされるが普通に数え役満となるオチになっている。

4
八筒をにするとわかりやすい。 黒一色 [ ] 黒一色(へいいーそー、こくいーそー)は、の黒丸のみの牌 (2・4・8) と(東南西北)で構成された和了形を役満としたもの。

大車輪 (麻雀)

大 車輪 麻雀

聴牌 大車輪は・の形を取る性質上、必ず2面または3面の待ちになり、その中の一番高いでしか大車輪にならない。

7
雀頭を五筒もしくは八筒にするとわかりやすい。

大車輪(ダイシャリン)

大 車輪 麻雀

么九振り切り =• 定義部分の冒頭に「むろん門前で聴牌にしなければなりません」とある。

19
最初の槓は暗槓・明槓・加槓を問わず、2つ目以降の槓についても嶺上牌そのものによる暗槓・加槓でなくてよい(手の内にあった牌による暗槓・加槓でもよい)。

麻雀のローカル役

大 車輪 麻雀

配牌時に 筒子で手牌が偏っていて清一色がいけそうな場合、大車輪があろうとなかろうと、この形を目指すのも一興です。 八連荘に付随するローカルルールであるが、採用されることはほぼない。 筒子の3~9で作ったもののみ• 「オンライン麻雀 雀バト」は、2011年8月31日 にサービス終了した前身「」のルールをそのまま引き継いでいる。

2
この「青洞門」という役も菊池寛にちなんで考案されたものと考えられるが、現在一般的な麻雀で採用されることはない。 - 満貫• 近藤は緑一色に対抗して何か出来ないかと思い作ったが名付けの段になって「紅一色」という名前では牌の絵にそぐわない(緑色の部分もある)ため、一索の図柄である孔雀にあやかって「紅孔雀」と名付けたといわれている。

麻雀のローカル役

大 車輪 麻雀

こちらも一応扱いが多いが、大竹林よりもさらにな役である。 牌例 [ ] ロン 解説 [ ] 筒子の清一色七対子で数字が連続していて、断幺ではないもの。 3にある、を使った技。

18
新現代ルールにおける役満の分類は以下の通り。