フライブルク 対 バイエルン。 BL第22節フライブルク対バイエルンのマスコミ採点

フライブルク対バイエルンのマスコミ採点

対 バイエルン フライブルク

でもワタシにとっては、プレーしているところを見てるだけで今は満足だったりする… クロース。

バイエルン: Neuer 3 - Rafinha 4 , Boateng 3 , Badstuber 4 , Lahm 3 - Luiz Gustavo 5 , Alaba 4 - T. ロッベンのことでぎゃいぎゃい言ったのでバチが当たったのかなぁ。 今節は特にフライブルクに対する評価がずいぶんとkickerと違っていて面白いです。

Bundesliga

対 バイエルン フライブルク

Caligiuri 3 - Jendrisek 3,5 - Santini 4 交替選手 65. 反省の声、批判の声、いろいろとあるかとは思いますが、 私としては一番言いたいのが「バイエルンマガジン」の遅さですね! 以前は発行後3、4日で届いていたものが、最近は更に一週間かかっています。 フライブルク 1-2 バイエルン ・バイエルンはカルロ・アンチェロッティ監督体制下で初のリーグ6連勝 ・フライブルクがウィンターブレーク明けの再開初戦で敗れるのは7年ぶりのこと。

7
私の印象ではこちらのほうがしっくり来ます(BILDレベルの人間です)。

史上初!?民族衣装ユニ&第4節・フライブルク対バイエルンのマスコミ採点

対 バイエルン フライブルク

王者にふさわしくないなんともへなちょこなことですが、ここまで来たらしょうがない。 それにしてもいきなりボランチ不足ですが。

6
Caligiuri 4 - Rosenthal 3 , M. こちらもリベリー、ゴメスの2,5が最高点なのはフライブルク同様で、 ただし「5」評価や4が多く居るところが、この対戦に苦しんだ展開を物語っています。 誰が見てもこんなところ…という感じなのでしょうか。

27節:フライブルク対バイエルン: FC Bayern ! Deutscher Meister !

対 バイエルン フライブルク

最新号なんて、昨日届きましたからね。 しかし一部、ビデオチェックするべきだった場面もあって「並」評価です。

4
DFが固定されないことやCB問題について、いつになく熱弁をふるっていた気がします。 他の方はだいたい、出て行っちゃったらもう、見てない知らない関係ないというスタンスの感じなのですが、ホンナミさんだけは「ファンボメルはミランでいいプレーしてますからねー」と。

フライブルク対バイエルンのマスコミ採点

対 バイエルン フライブルク

主審の評価は3。 こうなったら負けなきゃいい!とさえ・・・・・・ しかし試合終了寸前の88分、ご存知救世主 リベリが、どうしても割ることができなかったフライブルクゴールをスーパーシュートでついにこじあけ、バイエルンに愛と勇気の勝利をもたらしたのです! 真っ先に駆け付けたのは、交代退場してベンチに座っていた ミュラーの元。

6
さて、さっさとしないとまたしても今夜からは第15節が始まります。

Bundesliga

対 バイエルン フライブルク

第13節のベルント・レノ()に続き、今節はマヌエル・ノイアーからゴールを奪った ・バイエルンは開始4分に失点。 それでも、 リベリのアシストから ゴメスが完璧なヘディングゴール! グスタヴォの軽い守備から クラフトが、思わず相手選手を倒して与えてしまったPKを自ら止めた! しかしポジティブな勢いに乗ることができず、わずか3分後にあえなく失点…。 文句が言いたかっただけです。

2
…って言ってもモデルはピサロなんですが。

BL第22節フライブルク対バイエルンのマスコミ採点

対 バイエルン フライブルク

バイエルン: Neuer 3 - Rafinha 4 , van Buyten 3,5 , Dante 3 , Contento 3,5 - Schweinsteiger 3 - M. ミュンヒェナーかバイエリッシャーならハマるんでしょうが、 正直これを着せられるブラジル人やスペイン人はちょっと笑えます。 とはいえ、ハヴィ・マル本人のツイートでも既に手術が終わって 「全てが良い ムイ・ビエン! 」のようなので、ひとまずは良かった、という所です。 スポンサードリンク. 主審の評価は2,5。

(1〜6の数字で表現1=最高、6=最悪) フライブルク: Baumann 1 - Sorg 4 , Diagne 3 , Ginter 3 , C. 続いてBild紙の採点。

2019/12/18 ãƒ

対 バイエルン フライブルク

Bildは小数点以下の数字がないため、四捨五入で点数の上下はありますが、 それ以上にフライブルクはkikcerより甘目の点数になっています。 それでも「普通」評価の「3」も3人居ますが、5の行列では勝てる訳もありません。

8
最後に昇格組に敗れたのは2010年のカイザースラウテルン戦(0ー2で敗戦)までさかのぼる ・2ゴールを挙げたバイエルンのレバンドフスキはブンデスリーガ通算得点数を135とし、ジオバネ・エウベルを抜いて外国人選手の通算ゴール数で歴代2位に浮上。 まあ、ともかく、バイエルン的には、内容スカスカの試合でしたわ。

BL第27節フライブルク対バイエルンのマスコミ採点

対 バイエルン フライブルク

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は、ダンテ。 確かにクリンスマンが引っ掻き回した後の建て直しは素晴らしかったですし、 今回もオランダカラーをまたドイツ風に一掃してくれるかもしれません。 元GKらしく、バイエルンの守備面が気になるみたいでしたね。

5
やっちまったもんはもうどうしようもない。